想いのままに…(群馬発)信徳

アクセスカウンタ

zoom RSS 花巡り (懐古園のサクラ)

<<   作成日時 : 2018/05/09 04:25   >>

ナイス ブログ気持玉 36 / トラックバック 0 / コメント 18

 「小諸なる古城のほとり、雲白く遊子悲しむ・・・」
有名な島崎藤村と懐古園
時間が無いので中に入らず三の門だけを。
サクラは時期既に遅く花吹雪でした。(4月14日撮影したものです)
画像

新幹線が佐久を通ったのですっかり寂れてしまった小諸
画像画像









でも懐古園は健在でした。
画像

駅前のミニ植物園
オキナグサとチューリップ(レデージェーン)
画像画像








ジューンベリーの花が咲いていました。
画像

近くの飯綱山に上りサクラとウメ、浅間山を見て来ました。
山の上は丁度サクラが満開。 (4月14日撮影)
画像

………………………………………・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
4月1日〜30日の累計歩行数
(1)予定数:4,000歩X30日=120K歩
(2)実績:172K歩
(3)達成率:143%
歩いて、歩いて、写真撮って健康第一!

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 36
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
19歳の頃、小海線に載って小淵沢から小諸に向かい懐古園を一人訪れました。もちろん藤村の「千曲川旅情の歌」を思い浮かべながらです。この詩は今でも暗唱出来ます。城跡には実際に草笛を吹くおじさんがいました。以来何度も訪れています。青春の甘酸っぱい思い出です。
river
2018/05/09 06:13
第二次上田合戦とは徳川秀忠が真田にコテンパンにやられて関ヶ原に遅刻しちゃった戦いですね。花の写真も最後の写真も実にいいですね。
小諸、確かにそっち方面はめったに行かない。
イッシー
2018/05/09 07:30
riverさん
草笛吹く名物爺さんがいたのは友人から良く聞きました。
今はいませんし昔の面影と言ったら観光ガイドの人力車が出て来たことです。
信徳
2018/05/09 07:52
イッシーさん
歴史には疎くて徳川・・・と出て来ると頭がクラクラしてきます。
この日は朝5時に出発し妙義山、軽井沢植物園、小諸懐古園、飯綱山ときて明日の布引観音を廻りました、そして無事に14:00佐久市到着でした。
信徳
2018/05/09 07:55
花吹雪のころもいいですね〜
人力車の入った写真も動きがあって楽しいです。
頑張って歩いていますね〜ファイット!
pass子
2018/05/09 08:29
懐古園^^素敵な処ですね〜〜
花吹雪も素敵です^^
人力車も絵になりますね〜〜!
飯綱山から見下ろす風景もまた格別ですね(^_-)-☆
peko
2018/05/09 09:37
こんにちは

歴史と文学
藤村の詩は
高校時代皆で暗唱しました
無門
2018/05/09 11:31
pass子さん
二週間も早い開花で面食らってしまいました。
歩くのが困難になるまで歩き続けます。
信徳
2018/05/09 11:44
pekoさん
昔と変わらぬ懐古園、三の門を見ると昔の思い出が甦ってきます。
サクラは花吹雪も良いものですね。
信徳
2018/05/09 11:46
無門さん
懐古園の高台から千曲川を見下ろすと詩の内容が良く理解できます。
今でも覚えている詩ですね。
信徳
2018/05/09 11:47
こんにちは!
小諸は多分行ったことがないと思います。若い頃の記憶はないので…(笑)
でも何か懐かしい響きのある地名です。
懐古園の桜吹雪の頃も風情があって良いですね。
飯綱山から見る桜越しの浅間山、素敵ですね。
eko
2018/05/09 12:19
懐古園はかなり以前に一度だけ行ったことがあります。
桜の木が数百本あるそうで、その頃行ってみようと思いながら、未だに果たせません。
長さん
2018/05/09 17:32
ekoさん
若い頃の「小諸なる古城のほとり・・・」
島崎藤村の詩が残っているのではないでしょうか?
小諸の山の方が丁度、サクラも梅も満開でした。
こちらではサクラと梅が一緒に咲くんです。
信徳
2018/05/09 19:25
長さん
懐古園に入場すると中が広くて昼前から花見客がシートを広げてやっています。
中には動物園もあって子供たちも喜んでいます。
信徳
2018/05/09 19:26
小諸懐古園、たぶん幼稚園の旅行で出かけたような記憶が残っています。結構近いはずなのに、行ったことがほとんどないのですよね^^小諸に行くにはやはりちょっと不便な感じがします。
でも桜とのコラボきれいですね。
かるきち
2018/05/09 21:18
長岡で北原白秋を勉強していたころには、小諸が長岡藩の支藩とは知りませんでした。
国語の先生が教えてくれれば、もう少し勉強したと思います。
第2次上田合戦ねぇ。
ここでも大胡(前橋市)にいた牧野家は軍令を冒して、真っ先に飛び出しました。
藩主(牧野康成)は責任をとらされ沼田の白井城に幽閉され、牧野家の危機でした。
その後に大胡から上越市の長峰経由で長岡に入ったのが400年前です。
小諸藩はこの時の藩主の孫が藩祖です。
長岡では今年は盛大に長岡開府400年祭です。
8月の花火もいつもより豪華でしょう。
寅太
2018/05/10 06:04
かるきちさん
小諸は近いですよ。
前橋から車で1.5時間、安中ならば1.2時間、碓氷峠を上れば軽井沢、少し走れば小諸です。サクラとモミジの綺麗な懐古園です。
信徳
2018/05/10 06:13
寅太さん
小諸、大胡、長岡は昔から関係があったんですね(今でもあります)。
私は歴史に疎いのですが歴史と共に歩んで来たように長岡、小諸、大胡と関係してきました(笑)。
米100俵祭り、長岡祭りなど開府400年に合わせて盛大に行われるのでしょう。
信徳
2018/05/10 06:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
花巡り (懐古園のサクラ) 想いのままに…(群馬発)信徳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる