想いのままに…(群馬発)信徳

アクセスカウンタ

zoom RSS 梅雨の合間に (トクノシマテッポウユリ、クレマチス、マツモトセンノウ)

<<   作成日時 : 2018/06/14 06:06   >>

ナイス ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 16

朝からジットリ降っていましたが午後少し上がりました。
徳之島テッポウユリの開花です。
画像

この花はテッポウユリと変わりませんが葉に白い覆輪が入っています。
画像画像







アジサイの間を通して撮って見ました。
画像

昨年分球した三株が発泡スチロール箱の中でヤマユリ(ボケている)と共に育っています。
来年はこれらが咲く事でしょう。
ヤマユリは間もなくの開花です。
画像

二種のクレマチスが絡まって咲いています。
画像画像









白いテッポウユリの隣に赤いマツモトセンノウ。
画像

鉢植えのマツモトセンノウ
画像

暗いところで引き立ちます。(6月10日撮影)
画像画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 29
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
凄いなー信徳家は!季節にあわせて何でも咲いちゃう。
色々考えて撮っていらっしゃいますね。ピント合わせは慎重にねー。(笑)
私もよくピンボケをアップしちゃってますけど。。
イッシー
2018/06/14 07:36
イッシーさん
この開花して無いヤマユリ、邪魔だったんですよ。
三本の斑入りの徳之島テッポウユリの子供にピント合わせています。
ヤマユリはこの画像、どうでも・・・・(笑)。
信徳
2018/06/14 07:49
徳之島テッポウユリですか。白で清々しいですね。周辺のアジサイの色鮮やかさに負けないで存在感を示していますね。
茜雲
2018/06/14 07:59
茜雲さん
徳之島テッポウユリ、花はテッポウユリと同じですが葉が斑入りで綺麗です。
花は咲くと剪定しますので球根で増やして行きます。暗い所に置くと白さが目立ちます。
信徳
2018/06/14 08:54
徳之島テッポウユリは葉の外周に白い斑が入るのですね。珍しいものを育てていますね。園芸種でしょうか。
マツモトセンノウウは日陰が好きみたいですね。
長さん
2018/06/14 11:36
長さん
4年前に友人に貰ったユリで園芸種かどうか分かりません。
沖縄など南の方にはテッポウユリが多いようですね。葉に斑入りの長太郎ユリってのがあってこれに似ています。
マツモトセンノウは日陰が大好きです。
信徳
2018/06/14 17:57
こんにちは!
徳之島テッポウユリは葉に斑が入るのが特徴なんですね。清楚に咲いて美しいです。
信徳さんのお庭はどんな花も登場して凄いです。
マツモトセンノウは日陰でも目立ちますね。
eko
2018/06/14 17:59
徳之島テッポウユリは別名「エラブユリ」と言われ、沖永良部島で栽培されてい百合の原種ですね。ただしこれは葉に斑が入っていません。このユリは「長太郎ユリ」と言い江戸時代に植木屋だった内山長大郎氏が選抜育種したもののような気がします。「長太郎ユリ」なら私も1度栽培したことがあります。
river
2018/06/14 18:10
ekoさん
友人から頂いた時、徳之島テッポウユリと言われました。
そのユリを絶やさず4年咲かせています。今年子株が三株出来たので来年は少し多く咲くのを期待しています。
大したものが有りません。
信徳
2018/06/14 19:22
riverさん
沖縄地方には多くのテッポウユリがありますね。
この斑入りは長太郎ユリかも知れません。
貰ったそのままの徳之島テッポウユリで通しています。
信徳
2018/06/14 19:23
ユリの花も咲き始めていよいよ夏ですね。テッポウユリとなぜ呼ぶのでしょう。つぼみが鉄砲みたいに細長いからでしょうか。ユリの凛とした美しさがいいですね。
かるきち
2018/06/14 21:31
鉄砲ですから種子島かと思いましたら徳之島でしたか。
葉が面白いです。
分球したのがちゃんと目が出るのですからたいしたものです。
寅太
2018/06/14 21:47
かるきちさん
テッポウユリは沖縄、すなわち「琉球ユリ」と呼ばれていました。
沖縄にはこのユリしかなかったそうです。本土には鹿の子ユリ、ヤマユリなどがありそのユリは根元からパット開きます。
一方「琉球ユリ」は筒状になって先だけがテッポウの様に開いています。それでテッポウユリと名前が付けられたとか・・・(ホントかな?)
タカサゴユリも細長いですね。タカサゴユリとテッポウユリの掛け合わせ、シンテッポウユリってのもあります。お盆の頃に咲きます。
信徳
2018/06/14 22:16
寅太さん
三姉妹も今年は鉢に植え替えです。
東京にお嫁に行きたいと言ったら来年は髪を整えて嫁入り道具一式持たせて上げましょう。
信徳
2018/06/14 22:18
こんにちは

主役である百合も
今のところ
脇役に徹しましょう
無門
2018/06/14 22:53
無門さん
「主役は俺に任せろ!」とテッポウユリ、マツモトセンノウ、アジサイが
言い合っています。
どうしましょう?
信徳
2018/06/15 05:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
梅雨の合間に (トクノシマテッポウユリ、クレマチス、マツモトセンノウ) 想いのままに…(群馬発)信徳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる