なるほど・ザ・台湾高雄 (寿山)

 市内と高雄港が見渡せる寿山に上る。
画像

ここには忠烈祠があり
画像画像








戦争で没した英霊を祀っている。日本式の石灯篭も見られる。
画像

花は余り無かったがコチョウランや少し傷んだペチュニア
画像画像









ブーゲンビリアの垣根越しに市内と高雄港が一望でき
画像

85階のビルや高雄港の入口が見える。
画像画像









大型貨物船などが行き来していた。 (2月20日撮影)
画像

………………………………………・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
雨が降って露地植えのコウム(シクラメンの原種)が復活した。
画像

画像
(3月3日撮影)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 26

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2019年03月05日 06:49
流石に高雄市は台湾第三の大都市ですね。寿山は旧名を高雄山といい大正十二年、東宮時代の昭和天皇の行啓を記念して改名された山ですね。高雄市民にとり憩いと休息、登山、自然観察、人文活動などに欠かせない行き先となっているようです。忠烈祠の石灯籠があるのは日本統治時代には高雄神社があったからではないでしょうか。
信徳
2019年03月05日 07:19
私の記憶では北の台北、南の高雄で人口では台湾第二の都市だったのですが県市の合併により、新しい新北市がトップになり次いで台中、そして高雄、台北と言う順番になってきました。市街地の近くに位置する寿山は以前は軍事要塞があって市民も一部分しか入れませんでしたが今では大学なども出来て動物園もあり市民の憩いの場になっています。真新しい石灯篭は何時ごろ出来たのか私には分かりませんが日本統治時代から関係している忠烈祠ですので日本の関係者の寄付によるものかも知れません。
2019年03月05日 07:40
台湾の市街地は日本って言われても分らないですね。
九州あたりの春の風情ですね。
シクラメンの原種は先週末昭和記念公園で見ましたが小さな花でした。
可憐な感じでしたね~。
信徳
2019年03月05日 08:35
イッシーさん
市街地のビル街は全く同じです。
一般の住宅も土地が高いので3~4階建て木造ではありません。
この辺は違います。
コウムの花は小さくて寒さに強いです。
2019年03月05日 10:10
高雄には85階建てのビルができたのですか。台湾、特に南部は以外に大きな自信があるのですよね。次男が15年ほど前、台湾一周旅行の途中で大地震に出会ったそうです。幸い、怪我も無く帰ってきましたが・・・。
2019年03月05日 19:05
こんにちは

ここへ来るとなぜかほっとしますね
日本人には心に響くものがある
信徳
2019年03月05日 19:33
長さん
 85階ビルは1997年オープンで最近での大地震は85階が出来て二年後の1999年9月21日の真夜中でした。私も7階のマンションに住んでいましたので大揺れ、半分寝ぼけていましたが驚きました。台湾中央部の集集と言う場所が震源地でマグニチュード7.3今でも良く覚えています。これが生まれて経験した一番の大地震です。
台湾も日本と同じように環太平洋火山帯に位置していますので地震は多いですよね。
信徳
2019年03月05日 19:36
無門さん
日本統治時代から英霊を祀っていますので少しキチットするものが有ります。
この日も日本からの団体ツアーが来ていました。
この日は運良く視界良好でした。27年前は高雄の郊外にセメント工場はあるし空気が汚れていて毎日どんより曇っていました。空気も水も綺麗になりました。
2019年03月05日 20:52
高雄にも忠烈祠があるのですね。見事な建物です。上から見渡した風景もいいですね~~。すぐ近くに海があり台北とはまた風景が全然違って面白いです。
信徳
2019年03月05日 21:15
かるきちさん
高雄は熱帯地方に位置していますが海に近いので以外に夏でも暑くないです・・と言っても39度、40度は堪えます。この時期は雨が無くて毎日晴天気温も平年では25度Cですが今年は29度Cと高めでした。

この記事へのトラックバック