庭に咲く (シンテッポウユリ、タカサゴユリ)

 三年前にシンテッポユリの種を蒔いた。
蒔いた場所は家の東西南北。(南は植木鉢)
三年目で開花した。一番先に開花したのは日も当たらない北側。
キタ2.JPG
一つの茎に一つの花だがどれも綺麗に咲いた。全部シンテッポユリ。
キタ.JPG
次に開花したのが西側。
ここは西日は当たるが条件としては良くない。
レモンの植木鉢の近くで咲いている。
ヒガシタカサゴ.JPG
花弁に薄く縞が入ったタカサゴユリだった。
ヒガシタカサゴ2.JPG
次は東側、ここは一日の内昼頃に日が当たる。
ニシ.JPG
最後は南、植木鉢に植えたのだが一番遅く開花した。
これはタカサゴユリでした。
四ヶ所のシンテッポウユリ、タカサゴユリ、元はシンテッポウユリの種でしたが
タカサゴユリも現れて種にタカサゴユリのDNAが残っているのでしょう。
それにしてもこのユリは強いです、太陽も水も不十分でも良く咲きます。
2~3年後には周りの家の庭にも咲く事でしょう。(8月22日~26日撮影)
ミナミ.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

寅太
2019年08月31日 05:33
鉄砲百合と新鉄砲百合ですか。
きょうはこちらも鉄砲で、1ヶ月前の前橋市大胡で開催された「牧野氏まつり」の鉄砲隊で、長岡市栃尾から参加した鉄砲隊(火縄銃)です。

栃尾は上杉謙信が旗揚げ(この時は長尾景虎ですが)したところです。
家の東西南北に種を蒔いて観察するところが、風水に関心がある台湾人ですね。
中心に炎のような赤い蕊がみえますが、火縄銃の発射の炎は100枚連射で撮っても1枚もありません。
来年は工夫したいと思ってます。
2019年08月31日 06:01
シンテッポウユリが咲きましたね。日本のテッポウユリと台湾のタカサゴユリとの交雑種と言われるもので純白のものをシンテッポウユリと呼ぶようですがそれほど単純ではないようです。家でも筋の入ったものも咲きます。神出鬼没で思わねところから芽を出して花が咲きますが何年か経つと自然に消えます。おそらく嫌地現象によるものでしょうから球根を植え替えれば消えることはないのかもしれません。私の記録では発芽して2年目に花を付けたことがあります。
2019年08月31日 07:34
 清楚な白百合で良い雰囲気のものですが、種子で良く殖えるのであちこちで見かけますね。
 シンテッポウユリは交雑種ですので、テッポウユリ系のものとタカサゴユリ系の性質がそれぞれ強く出るタイプに分かれるのでしょう。
 ヤマユリ系のものは、ウイルスに弱いので庭ではあまり殖えませんが、こちらはあちこちで咲いてくれそうですね。
信徳
2019年08月31日 08:02
寅太さん
こんにちは!
最近北側に注目するようになりました。
友人宅で北側のシラネアオイが順調なのです。
日が殆ど当たらなくても夏の暑さをクリアー
すれば何とかなる様な気配です。
一度諦めたシラネアオイへの情熱が蘇って
来ました。
信徳
2019年08月31日 08:06
riverさん
20数年前一度だけタカサゴユリが咲いた事が有りますが
以降はサッパリ咲いてくれません(種も植えませんでした)
今回は種を意識的に植えました。
この後、球根などそのままにしておきますがどうなる事やら。
一部意識的に球根を植え替えたりしてみます。
二年で咲くのは早いですね。
信徳
2019年08月31日 08:09
なおさん
ヤマユリ、ヒメサユリは庭に弱くてダメですがコオニユリ、カノコユリは毎年咲いてくれます。
特にコオニユリは嫌と言うほど増えてきます。
元々ユリは好みで無かったのですがヒメサユリが好きになってしまい順次ユリ系が増えて来ました。
シンテッポウユリ、タカサゴユリは強いので寝付く事でしょう。
2019年08月31日 08:35
群生しているところもあるんですが翌年に行くとさっぱり咲いて無い。
どんどん移動しますね。繁殖力強いですよねー。
球根とかではなくって種で増えるんですね。
信徳
2019年08月31日 13:02
イッシーさん
この花、咲く所が移動しますよネ。
連作障害を起こすユリですから数年するとバタット絶えてしまいます。
球根を分球すれば増えますし種で増えますので一本咲くともの凄い種が
風に乗ってあちこち飛んで行きます。
近所迷惑にならない様に花が終わったら切って捨てましょう。
球根の残せば来年また咲きますので。
2019年08月31日 14:52
条件の悪いところから先に咲き始めるというのは面白いですね。生命力が強い植物だということがよく分かる例でしょう。交配種ですから、親の性質に戻ることもあるのですね。春に咲くテッポウユリに戻ったら更に面白いことになりますね。
2019年08月31日 15:44
こんにちは!
シンテッポウユリにタカサゴユリが沢山咲いて良いですね。強い植物でこぼれ種でどんどん増えます。思わぬ場所で咲いています。
シンテッポウユリは交配種なので先祖帰りでタカサゴユリも咲きますね。テッポウユリには戻らないのかしら。
信徳
2019年08月31日 16:14
長さん
早く咲いたと言っても3~4日の差ですが強いユリと言う事なんでしょうね。
細い葉が幅広の葉に戻ったら面白いです。
そんな事にはならないのでしょうが(笑)。
信徳
2019年08月31日 16:19
ekoさん
こんにちは!
タカサゴユリも出ていますが色が薄いです。
シンテッポウユリに近いですね。
テッポユリが生まれればシンテッポウユリから
テッポウユリ生産者が出て来るでしょう。
細い葉が強いのでしょうね。
2019年08月31日 20:59
今晩は!
タカサゴユリやらシンテッポウユリ沢山咲いて来ましたね。
我が家もシンテッポウユリは沢山の蕾をつけましたがタカサゴユリは1本に花は一つだけです。
2019年08月31日 21:24
テッポウユリ、シンテッポウユリ、とあるのですか。
詳しくないので同じように思えました。ユリの美しい姿にはかなさを思いますが、実際は強いのですね。まるで私!???のようです(ウソウソ^^)
2019年09月01日 17:26
ψ(`∇´)ψナイス!(^^)!
「気持玉」代わりの足跡です。
信徳
2019年09月01日 18:09
もこさん
今晩は!
シンテッポウユリの種を蒔きましたがタカサゴユリも出ました。
ただ一本に数個以上の開花は無くて一茎一花でした。
もこさんとこは凄い数でしたね。
信徳
2019年09月01日 18:12
かるきちさん
テッポウユリとタカサゴユリの掛け合わせがシンテッポウユリです。
シンテッポウユリは純白で葉が細いです。
タカサゴユリは葉が細く純白の花では無く4画像目に見られるように細い薄茶の縞が入ります。
信徳
2019年09月01日 18:13
peroさん
気持ち玉有難うございます。