臨江閣

 群馬県を代表する歴史的建造物「臨江閣」,国指定重要文化財です。 明治17年、当時の県令、楫取素彦の提言で有志の寄付により建てられた迎賓館。 塀沿いの竹林が素適! クロマツ、アカマツが美しい。 ここから榛名山、赤城山も望め、近くにグリーンドームもある。 古民家とナンテン 石灯籠も美しい。…
コメント:18

続きを読むread more

嶺公園 (バードウオッチ、ミズバショウ)

 赤城山を下りて帰路の道草。 丁度正午ごろだったので野鳥はいないと思ったけどミズバショウの状況も 見たいし・・・ ミズバショウは芽を出していた。 黄色い花のリュウキンカも シジュウガラが群がっていた。 中に一羽、ヤマガラが(頭隠して尻隠さず) ガビチョウの番いが。 やはり野鳥はいなかっ…
コメント:18

続きを読むread more

温室(2)

 ベゴニア温室です。 ベゴニアとブーゲンビリア サボテン温室のキンシャチ 温室の外でローズマリーの花が咲いていました。 紅梅 白梅も咲き出し ジュウガツザクラが未だ咲いていました。(1月22日撮影) 都合によりコメント欄は閉じています。

続きを読むread more

温室

 アザレア展の温室に行くまで幾つかの温室を通過して行きます。 ラン温室ではコチョウラン、デンドロビュウム、バンダ リカステ、オンシジューム ネオレゲリア、アンスリュウム ジャングルのフィッリッピン温室ではオオベニゴウカン、コウモリラン 鬱蒼としていました(魚眼で撮っています)。(1月22日撮…
コメント:16

続きを読むread more

アザレア展

 ぐんまフラワーパークで1/1~2/16日まで行われているアザレア展。 アザレアは西洋ツツジと言い日本、中国のツツジをベルギーで品種改良し 日本に逆輸入したものでツツジと区別するためアザレアと呼んでいる。 ここに集められたアザレアコレクションは日本一、いや世界一と言っても過言ではありません。 樹齢100年以上の「晴朗」や…
コメント:20

続きを読むread more

庭に咲く花

 花も少なくなって来ました。 昨日の山野草がこれから咲いて行くのが楽しみです。 キンギョソウ パンジーは元気! イベリスも シバザクラが枯れた葉っぱの中から花が咲いています。 オタフクナンテンは何時でも真っ赤! サフィニア、ゼラニュームは風除けフレームの中でノンビリと。 バラは風前の灯…

続きを読むread more

庭に咲く花 (立春)

 今日は春分、昨日は節分でした。 時を計ったように鉢植えのセツブンソウが昨日顔を出しました。 先に芽を出したフクジュソウは段々黄色くなって 蕾だったウンナンサクラソウもこの暖かさで開花しました。 コウムは赤い蕾が止まっている間に白い方が開花。 クリスマスローズの紫は開花、黄色は蕾です。 タ…
コメント:18

続きを読むread more

赤城山冬景色 (大沼)

 今回大沼でのワカサギ釣りを撮りたかったのだが残念! ここ2~3日の気温上昇で一気に氷が融けて禁止になったようだ。 大沼の畔に下りたって見ると氷は融けていた。 目の前の山は風で吹雪いて寒そうだ。 だが大沼の氷は薄く至る所でクラックしているのでしょう。 地蔵岳のアンテナ群が見える。 シラカバ、ダ…
コメント:18

続きを読むread more

赤城山冬景色 (覚満淵)

 鳥居峠から小沼までは最初急な坂がある。 積雪は無かったが道路が凍結していて10m上った所で車が滑り右に90度回ってしまった。 バックしながら更に90度回し小沼に行くのを断念し覚満淵に向かった。 駐車場に車を停め木々の間を歩いて進む。雪は表面が融けて固くなり長靴で大丈夫。 覚満淵の水は半分融け出していた。 水の…
コメント:18

続きを読むread more

赤城山冬景色 (鳥居峠)

 赤城山のワカサギ釣りが解禁されたとの情報を得て山に上った。 途中の道路の横に車を止めて大沼を見た。氷の状態が何故か可笑しい! ワカサギ釣りは誰一人いない。 鳥居峠まで上り好きな冬景色を楽しむ。 覚満淵、大沼が眼下に見える。 覚満淵を更にアップすると水の色がやけにコバルトブルー。 反対の桐生方面は霧が上がって…

続きを読むread more