来春期待の草花(多年草)

 秋は来春以降期待の多年草植え替え、種蒔きなどを行います。

ヤマシャクヤク(シロバナ)は実の口が開き黒い種と赤いダミーの種を取り出して黒い種を蒔きました。

1ヤマシャクヤク (3).JPG

2ヤマシャクヤク3.JPG

ベニバナヤマシャクヤクは去年に種を蒔きましたから来年はベニバナ、シロバナが一緒に発芽予定。(ベニバナは二年、シロバナは一年で発芽)

一般のシャクヤクも種が毀れて芽を出したもの、二年経ちました。

3シャクヤク (2).JPG

クマガイソウ、シラネアオイも順調、今年はシラネアオイの種を蒔き育成する予定。

4クマガイソウ (2).JPG

5シラネアオイ (3).JPG

イワタバコ、オオイワチドリ、クモキリソウ、トンボソウ、エビネも順調。

6イワタバコ (2).JPG

7オオイワチドリ.JPG

8クモキリソウ.JPG

9トンボソウ.JPG

10エビネ.JPG

昨年夏越しに失敗したバイカオウレン、今年は上手く行きました。来春の開花に期待。

12バイカオウレン.JPG

13バイカ8.JPG

少し心配はシコタンソウ、夏の暑さに参ったかな?

14シコタンソウ.JPG

サギソウはこのまま放置来年の2月に植え替えです。セツブンソウ、キクザキイチゲ、カタクリなどは地上葉が枯れて既に冬眠しています。(9月20日撮影)

11サギソウ.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 74

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2020年10月10日 06:17
さすが山野草がお得意の信徳さん、たくさん育てておられますね。私は山野草は現地で見るものと思っていたのであまり手を出すことはありませんでした。それでもブログを拝見してまねごとを始めたのですが山野草の栽培はやはり難しいです。
イッシー
2020年10月10日 06:41
ちゃんと計算されてるんですね~!!
信徳博士おそるべし。次はノーベル賞狙いますか(笑)
ヤマシャクヤクは種だけでも絵になりますね。
写真の腕がどんどん上がりますね!!
2020年10月10日 07:43
 草花を育てていると、秋は忙しい時期ですよね。肥料を施したり、植え替え株分けやら、実生やらいろいろ作業がありますね。
 以前は僕もいろいろ山野草を育てていた時期がありましたが、いまはひとりで手が回らず、庭の手入れもままならないので、山野草栽培も中断している状態です。

 信徳さんのところは、いろいろ順調に育っているようで、来年に楽しみがつながりますね。
信徳
2020年10月10日 07:57
riverさん
シラネアオイ、クマガイソウ、レンゲショウマの三種類は何とかと
思って継続していますが他のは惰性でやっているだけです。
それにしても時間が掛かるし群馬の暑い夏、寒い冬が大敵です。
信徳
2020年10月10日 08:00
イッシーさん
山野草は場所を取らない分色々植えられて助かります。
植物は好みの環境に合うと黙っていても花を咲かせてくれますので
そこを見つければ良いのですが簡単では有りません。
信徳
2020年10月10日 08:04
なおさん
色々な山野草の名前は特性を知っておられるので以前は大分やられたんでしょう。
場所も取らないし上手い環境にして上げれば何とか行けるかなと思いました。種からだと時間が掛かるし途中でNGになるケースがあるので大変ですよね。
寅太
2020年10月10日 08:53
台風と秋雨前線の影響で連日雨が続いています。
今年はこちらもベニシャクの種が採れそうです。
赤い種は何の働きをするんでしょうね。
クモキリソウ、バイカオウレンやトンボソウは、育てるのがかなり難しいのに上手くやってます。
セリバヒエンソウは見落としてませんよ。
信徳
2020年10月10日 10:16
寅太さん
お久しぶりです、お元気ですか?
ベニバナヤマシャクヤクも株が増えてきたので去年蒔いたのが最後でした。白いのは一株しかありませんので今年蒔きました。来年同時発芽でしょう。
赤い実は未習熟、蒔いても発芽しません。そのまま放置しても黒くはならないで落下してしまいます。色々やっていますが難しいですね。バイカオウレンは初めて上手く行きそうで(来春花を見れれば)楽しみです。セリバヒエンソウ、種が毀れてアチコチから出て来そうです。
2020年10月10日 10:18
ヤマシャクヤクの赤い種は本物を守るためのダミーですね。
紅花のシャクヤクは発芽するのに2年もかかりますか。
昨日購入された斑入りカリガネソウは、今回の記事には間に合いませんでしたか。
信徳
2020年10月10日 10:29
長さん
鳥がどちらを好んで食べるのか見たことが有りません。
種を蒔く時には黒いのを蒔き(赤いのは発芽しません)赤いのを捨てます。
ベニバナヤマシャクヤク、白いヤマシャクヤクの種は区別出来ません。
斑入りカリガネソウは雨の中、蕾も沢山有りますので晴れたら写真撮ってセキヤノアキチョウジも咲きだし、後日載せます。
2020年10月10日 14:04
山野草は育てるのが難しいのでお友達から頂いてもいつのまにか無くなってしまいます
育てるには手間をかける愛情が必要ですね
あきらめて信徳さん野草園の画像で楽しませて頂きます
信徳
2020年10月10日 14:53
もこさん
こんにちは!
山野草は夫々環境が違うので難しいですよネ。
私は強いものしか育てられません。
ジッと冬を耐えて春咲く山野草は可憐で素敵です。
2020年10月10日 21:30
ヤマシャクヤクの種、赤と黒が色鮮やかですね。来年のためのお手入れ、すごいですね。やはりきれいな花を咲かせるにはいろいろな苦労があるのですね。それが花となって帰って来るんですね。
信徳
2020年10月10日 21:56
かるきちさん
今晩は!
大した苦労ではありませんが種を蒔いたり、剪定したりしないと
翌年は咲きません。特に山野草のベニバナヤマシャクヤクなどは発芽までに二年掛かりそれから3~4年後に初めて花が咲きます。
今年蒔いた種は4~5年後、花が先か寿命が先かです(笑)。