似ている草花の見分け方(シモツケ、シモツケソウ、キョウガノコ)

 草花の中には大変よく似ているものが有ります。この三つの植物は良く似て最近まで悩んでいました。整理して見たいと思います。 1.シモツケ   (1).バラ科シモツケ属   (2).落葉低木(木本)、別名キシモツケ   (3).高さは50cm~1m   (4).葉は単葉で互生(シモツケソウとの違いは葉)   (5).花は赤、白、…
コメント:18

続きを読むread more

信越線SL(D51498)

 鯉のぼりが靡いていた時の信越線安中鉄橋。SLが画像の中に入り切れず失敗だった、再度挑戦!鉄橋寄りに立つ位置を決めSLの来るのを待つ。一羽のコサギが碓氷川から飛びだした。そしてSLが。 群馬の田圃は二毛作、丁度麦刈りと田植えの多忙な時期。まだ茶褐色の麦が刈り取られる前をSLが通過する。 カメラでSLを左に追うと手…
コメント:18

続きを読むread more

ブルーベリー狩りと果物

 ブルーベリーが青く熟れて食べ頃になった。防鳥用のネットを外し準備OK、孫の来るのを待つ。コロナ禍で横浜の二人は来る事が出来なかったが近くの二人は来た。楽しそうに食べながら摘んで~2kg持ち帰った。 ブドウの実も少し大きくなったので袋かけ、傘かけ(雨対策)を終わって大きくなるのを待つ。早生のものは8月に食べられる。 …
コメント:20

続きを読むread more

再びの谷川岳一ノ倉沢出合 (一ノ倉沢~水上、帰り)

 サンカヨウを撮る時間が無くなったのでユックリ帰っても水上駅15:20発の上りSLには間に合う。 木々の緑の中に咲き始めたヤマツツジ、ガマズミが美しい。 直ぐにマチガ沢出合に着く。沢の横に有る大きな岩でロッククライミングの講習をやっていた。 山の下りは早いので30分も掛からずにロープウエー駅の駐車場に着くとトチ…
コメント:18

続きを読むread more

再びの谷川岳一ノ倉沢出合 (マチガ沢~一ノ倉沢)

 マチガ沢出合から~30分、頑張って歩きましょう。もう直サンカヨウに合えるんだ!対岸の沢には残雪が沢山残っている。 ヤグルマソウはまだ蕾、谷川岳の春は遅い! ・・・と山側にここでは見かけない山野草が、遠くから見た時カキランかと思った。近くで見るとエビネ(サルメンエビネ)だった。このルートでエビネを見たのは初めて。立派な株…
コメント:16

続きを読むread more

再びの谷川岳一ノ倉沢出合(湯檜曽~マチガ沢)

 一ノ倉沢出合のサンカヨウが見たく再び足を運ぶ、湯檜曽から見る谷川岳は綺麗に晴れ、残雪は大分融けてきた。ロープウエーは今週から運転開始。でも私は歩きでないと行けない所、頑張ろう! スタートして直ぐに表示板、一ノ倉沢出合まで3.3km(歩いて~1時間) 早やタニウツギが咲き出していた。標高の低い所は早く咲いたのでピンクを過…
コメント:12

続きを読むread more

早朝散歩 (小さな花壇)

 小さな花壇に着いた。白いアガパンサスが咲き蜘蛛の糸が陽に輝いていた。薄いブルーのアガパンサスも咲いていた。 色々なアジサイが咲いていた。 ガウラ、タイマツバナ、メドウセージ 咲き出したばかりのツルバキア、梅雨が始まったばかりなのにタチアオイはもうじき上まで開花しそう。 チドリソウ…
コメント:16

続きを読むread more

諏訪峡 (ラフティング)

 谷川岳一ノ倉沢出合、雪の下に埋もれたサンカヨウを見たくて上越線SL,水上・諏訪峡ラフティングの三点セットで出撃。今回はSLは後半にして急ぎ諏訪峡を見てラフテイングを撮った。沼田に入る前に谷川岳の良く見える所で見ると本日は晴天なり。 諏訪峡に着き今回は低い位置から水飛沫の上がるラフティングを撮る事にした。雪解け水は多く豪快に流…
コメント:14

続きを読むread more

早朝散歩 (利根川堤防散策)

 何時もより一時間早く起床し朝の散歩、利根川堤防に出ると浅間山はまだ薄暗く微かに煙が上がっているようだ。 鳥撮影しか使わない望遠を装着、利根川の半分しか撮れないと湖の様だ。 朝日に輝き出したネムノキが有った。丁度咲き始めたところ。 先日撮った黄色マツゲ三姉妹、少し草臥れてきたが三女は元気! 淀…
コメント:12

続きを読むread more

レンゲツツジ咲く赤城山 (白樺牧場)

 標高1,400mの白樺牧場は~10万株のレンゲツツジが咲いて賑やか。 以前は放牛だったが今は放羊、ノンビリと羊の群れが草を食んでいた。 柵越えに見えるオレンジ色のレンゲツツジ、中には真っ赤なものも有る。 レストハウス前にはサラサドウダンツツジが咲いていたが ナナカマドは蕾だった。白樺牧場…

続きを読むread more

ブルースター、ベゴニア 咲く

 ブルースター(ガガイモ科ツィーディア属)が上に伸びてきました。行燈仕立てにし蔓を上に伸ばして先端に花を咲かせます。 下が空くのでミヤマホタルカズラを挿し芽し春に開花させます。またブルースターも伸び過ぎたら先端をカットしそれを挿し芽して新しい苗にします。中間にも花を咲かせたいものです。 ベゴニアは冬越ししたもの、挿し芽で…
コメント:14

続きを読むread more

レンゲツツジ咲く赤城山 (覚満淵散策)

ビジターセンター前の駐車場に車を停め覚満淵の散策。 覚満淵は標高1,360m、周囲~1kmの沼、この時期は水が多いが浅く一部は高層湿原になっている。 湿生植物、高山植物の宝庫で小尾瀬と呼ばれている(少しオーバーか?)。 シンボルツリー 池の最奥部から入り口方面を見る。 この時期レンゲツツジが沼の…
コメント:14

続きを読むread more

アジサイ咲く

 一度アジサイの開花初めにブログアップした(6月2日)、その後ズット楽しませてくれたアジサイもそろそろ終焉に近く剪定も間近となった。今年のアジサイを振り返って・・・ 昨年の贈り物「サニーディーズ」青の額咲き。 これを昨年挿し木して今年咲いた花、土が若干アルカリだったのでしょうか赤みがかって出た。来年はこの土に石灰を多量に…
コメント:18

続きを読むread more

レンゲツツジ咲く赤城山 (小沼、鳥居峠)

 赤城山は色々なツツジが咲き特にレンゲツツジは群馬県花で多くの市民が赤城山に上る。マンボウの時期でもあったので早く来て早く帰る。上りは一般道路ではなく標高570m三夜沢赤城神社から小沼に一気に上る狭い道。頂上に近づくとヤマツツジが林の中に見える。 一般道路よりも~20分は短縮できたでしょう。一気に標高1,490mの小沼まで。 …
コメント:16

続きを読むread more

女堀のハナショウブ

 国指定史跡「女堀」の中で咲く~25,000株のハナショウブ。黄色、シロ、紫などのハナショウブが堀の中で幻想的な世界を作り出していました。 新型コロナの影響で今年も昨年同様にハナショウブ祭りは中止されました。 新たに植えたアジサイも段々大きくなってハナショウブとコラボを撮ることが出来ました…
コメント:18

続きを読むread more

ケイワタバコ(ピンク、白)咲く

 紫色のケイワタバコに次いでピンク、白色が咲きました。いずれも茎にハッキリと毛があるケイワタバコです。この時期に咲くのは花茎に毛のあるケイワタバコ、8月頃渓谷に咲くのは毛のないイワタバコ。(なおさん)に教えて頂きました。 ピンクの花  白色の花 終盤の紫色のケイワタバコ。 三つを並べて見ました。ど…
コメント:16

続きを読むread more

タイサンボクと三姉妹 (散歩道から)

 久し振りの利根川堤防散歩、ネムノキの蕾が少し見えてたが開花はまだ先。 堤防沿いにシモツケと金色マツゲの三姉妹。 一番長いは長女のビヨウヤナギ、少し疲れ気味。 次女(ヒベリカムヒドコート)は短めで美しい。 三女(コボウズオトギリ)は小柄ながらピチピチギャル。 大きな琵琶の木に実が鈴生り、美味しそう! …
コメント:14

続きを読むread more

ハタザオキキョウ、ヤマオダマキ、ヒメカンゾウ 咲く

 ハタザオキキョウ(キキョウ科ホタルブクロ属)が咲きました。ヨーロッパ原産の宿根草、キキョウと名がつくがキキョウの仲間では有りません。ハタザオとは長く伸びる花茎を指し沢山の花が咲いてくれます。(6月2日撮影) ヤマオダマキが咲きました。 キンポウゲ科オダマキ属のこの花はミヤマオダマキと共に日本原産。通常は花弁が黄色で萼片…
コメント:16

続きを読むread more

カキラン 咲く

 カキラン(ラン科カキラン属)が咲きました。茎の先に総状に柿の実に似た色の花が咲きます。 この花は2015年6月に蕾のついた一鉢を園芸店から入手、その年に露地植えとしました。その後二年間開花せず三年目の2018年6月に初めて一本茎が立ち開花しました。 翌年2019年6月にも茎は一本しか立ち上がりませんでした。 根がシッ…
コメント:14

続きを読むread more

奥利根の新緑 (谷川岳一ノ倉沢出合を目指して②)

 マチガ沢で少休憩、この辺には名残のオオカメノキ、ミツバツツジ、コマユミなど木々の花が見られ木の上にはお猿さんがいた。 これから開花するヤグルマソウ、木々の緑が美しい。 この時期、山野草は少ない。山野草を探しながら上って行くとやがて一ノ倉沢出合に着く。思いのほか残雪が多かった。 こんなに残雪が多…
コメント:14

続きを読むread more

奥利根の新緑 (谷川岳一ノ倉沢出合を目指して①)

 今回の谷川岳一ノ倉沢出合を目指す目的はサンカヨウを見たい為。天気は曇っているので谷川岳を見るのは諦めてスタート。駐車場はロープウエー上り口。この日ロープウエーは試運転中だった。来週から営業かな? 直ぐに谷川岳登山の表示板があった。ここから一ノ倉沢出合まで3.3km、ユックリ歩いて1時間。 木々の緑が目に飛び込み、マムシグサ…
コメント:14

続きを読むread more

奥利根の新緑 (上越線SL,D51498)

 新緑の諏訪峡、黒煙を吐きながら進むD51498。冬場は線路両脇の雑草などが無いので全車両良く見えるが夏場は隠れてしまう。 水上駅に向かって走るSL、駅はすぐそこだ!雑草と煙で何も見えない(笑)。 手持ち撮りなので直ぐに車に戻り水上駅へ。駅ではSLの方向転換が始まっていた。切り離されたSLを転車台で一回転させる。 …
コメント:16

続きを読むread more

奥利根の新緑 (諏訪峡・ラフティング)

 やがてラフティングボートが急流を下って来た。殆どマスクはしていない、マスクしていても水飛沫で濡れて用はなさないでしょう。皆楽しそうに下っている。手を振って応えてくれた。 カヌーに乗って下っている人もいた。 東京方面から来た学生でしょうか?コロナを殆ど気にしていない。 そして下流に下っていった。時間…

続きを読むread more

奥利根の新緑 (諏訪峡・水の流れ)

 この時期の諏訪峡は雪解け水で多く周りの緑と相まって事のほか素敵な景色が見られる。5月23日上越線SL、D51498を諏訪峡で撮る事と諏訪峡の水の流れその後一ノ倉沢出合にサンカヨウを見に出かけた。 諏訪峡大橋から見る利根川の下流と上流の谷川岳、谷川岳は雲っている。 水量が多いのでSLが来るまでの間、時間待ちで諏訪峡の遊歩道に…
コメント:10

続きを読むread more

ホタルブクロ、キョウガノコ 他咲く

 白花のホタルブクロが咲き2~3日遅れて紫のホタルブクロが咲きました。この花が咲くとホタルがもうじき飛び交うのでしょう。 日々の過ぎ去るのが早いですね。 キョウガノコは昨年植えたものが一回り大きくなって咲きました。露地植えなので大きくなるのを期待しています。 雨が2,3日続いて出てきたレインリリー、まだ少し早いので…
コメント:18

続きを読むread more

クリンソウ、ヒスイカズラを見に!

 ぐんまフラワーパークにGo! 大花壇は一新されて初夏の草花が植えられていた。 バラ園を通り抜け 木陰の森に入ると 小さな小川の岸辺にクリンソウが咲いていた。クリンソウの育成は難しいのでしょうか?年々数が少なくなっています。 チョウジソウも咲いていました。 ヤマボウシ、トチノキ …

続きを読むread more

ツクシカラマツソウ 咲く

 可憐なツクシカラマツソウ(キンポウゲ科カラマツソウ属)が咲きました。育成初めて6年目、昨年5年目にして植え替えました。今年は少し花が少なめですがとても元気!隣のクモキリソウに負けません。 ツクシ(筑紫)と名前が付いていますが、九州筑紫地方には自生がなく、対馬列島から済州島に分布するムラサキカラマツと、屋久島に自生するヤク…
コメント:16

続きを読むread more

雨上がり、朝の散歩道 (クモの芸術)

 前日雨が降って利根川に珍しく朝霧が出た。 堤防のフェンスにクモの芸術品。 メキシコマンネングサ、ヤグルマギクもフェンス沿いに見られた。 小さな花壇に着くとカシワバアジサイ、チドリソウ スイカズラ、コボウズオトギリ、ハクチョウソウ それにブラシノキが真っ赤に。(5月20日撮影…
コメント:16

続きを読むread more

アジサイ 咲く

 6月は梅雨季節、喜ぶのはアジサイ、ハナショウブ等々。庭のアジサイが咲き出しました。アジサイは殆どが母の日のプレゼントまたは挿し木で増やした鉢植えです。 赤のアジサイ 青い花 ややピンクがかったヤマアジサイ。 カシワバアジサイなど 花期も長くうっとおしい梅雨空に気分を癒してくれま…
コメント:16

続きを読むread more

前橋敷島公園(門倉テクノ)バラ園

 モダンローズ、オールドローズ、イングリッシュローズなど、約600品種、7,000株と緑の芝生、周囲の松林がマッチしています。 温室、生糸記念館なども有ります。 モニュメント、噴水なども有ってバラとのコラボを撮ってみました。 ツルバラは少し早かったようです。 以前育てた事のある…
コメント:16

続きを読むread more