山野草 (ベニバナヤマシャクヤク、イワチドリ)

 ボタン科ボタン属のベニバナヤマシャクヤクが咲きました。

この花の育成は割と簡単ですが時間が掛かります。まず種を蒔いて芽が出るのに2年、そこから開花まで4~6年は掛かります。

2ベニバナヤマシャク3.JPG

1ベニバナヤマシャク.JPG

3-1.JPG

長い間に枯れてしまったり折れたり色々なトラブルも発生します。

また開花期間が短くて咲いて~6日間しか持たない儚い命。

それだけに愛しいベニバナヤマシャクヤクです。

3P1017391.JPG

4.JPG

5DSCF4581.JPG

茎頂に直径4~5cmの淡紅色の花を一個付けます。最初に咲いた花が5月15日、既に種が出来始めています。最後の一輪は5月20日にさきました。この花は多分5月26日で終わりでしょう。

6.JPG

これは種を蒔いて4年目のものです。(5月24日撮影)

7.JPG

イワチドリはラン科イワチドリ属です。

これはオオイワチドリ、育成が楽な種類です。

6P1017506.JPG

8オオイワ4.JPG

9.JPG

10.JPG

山地の渓谷の岩上などの生える多年草、イワタバコの環境と似ています。(5月15日撮影)

11.JPG

12イワチドリ3.JPG

13.JPG

"山野草 (ベニバナヤマシャクヤク、イワチドリ)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント