浅間山一周・花散歩 (日本一のキャベツ畑)

 鹿沢山野草園から嬬恋のキャベツ畑を見て144号線を通り八ッ場ダムの横を通って帰る予定。 四阿山(2,354m)の裾野いっぱいに広がるキャベツ畑。 鹿沢側の角間山(1,980m)にも広がるキャベツ畑、この辺りの嬬恋キャベツの生産は日本一。 遠く浅間山も見えています、少し煙が出ている。 キャベツの植え付け、消毒、収穫な…
コメント:16

続きを読むread more

庭に咲く花

 花が大分少なくなって来ました。 花を観賞するイチゴ、実は酸っぱい、花を見る為伸びた芽を増やしています。 サフィニア、ペチュニアは剪定で何度も咲き 花期の長いアルストロメリアはまだ咲いています。 パイナップルリリーは白い花 ジキタリス。 ダリア、ヒマワリ、マツバボタン。 …
コメント:22

続きを読むread more

浅間山一周・花散歩 (鹿沢野草園)

 2,000mから一気に1,400mまで下ります。途中の景色も綺麗草花も道の両脇に咲いているのですが時間が無くて見ないで通過。 15:00過ぎに鹿沢野草園に到着。 入り口は湿地帯になってノハナショウブ、名残のクリンソウ、ミズチドリが咲いていた。 頭の上にはカンボクの白い花、トリカブトが蕾を沢山持っていた。 …
コメント:20

続きを読むread more

オキシペタラム(ブルースター)咲く

 ブルーに魅せられて三年前から育成を始めました。 ガガイモ科(キョウチクトウ科)ルリトウワタ属のこの花はブラジル原産、和名は瑠璃唐綿。 この花は蔓性で先端に花を付けます。蔓が伸びないように剪定して枝を分けて行かねば花を多く見る事が出来ません。最初ラショウモンカズラとの混植を試みたのですがラショウモンカズラが強くてブルースター…
コメント:22

続きを読むread more

浅間山一周・花散歩 (池の平湿原 ③ 最終回)

 池の平湿原は数万年前の三方ヶ峰火山の火口原に出来た高層湿原。多くの高山植物や景色を見ながら元の駐車場に戻ります。 まだ蕾も出ていないコバイケイソウ、アヤメ、綺麗なハクサンチドリ 湿原全体をアップしレンゲツツジにも別れ ナナカマド、カラマツの林を進むと 道端にシャジクソウ、シロバナ…
コメント:16

続きを読むread more

アガパンサスの玉飾り

雨が降った後、アガパンサスの雫を狙って撮った。 玉飾りの様に一列に並んだ様も美しい。 ヒガンバナ科アガパンサス属のこの花は雫が出来易い花のように思える。この濃い色のブルーは白い花、薄いブルーのアガパンサスよりは雫が美しく感じる。 蕊に焦点を合わせたり、雫に合わせたりして遊んだ。梅雨が明ける頃この花も終わ…
コメント:18

続きを読むread more

浅間山一周・花散歩 (池の平②)

 池の平湿原、標高2,000mはレンゲツツジが満開、下りたところに鏡池。 池の周りに白い草花が。良く見るとカラマツソウの群生だった。 忠治の隠れ岩を右手に見ながら反時計回りに湿原を廻る。アヤメ、イワカガミ、ウスユキソウ オオヤマフスマ、グンナイフウロ、コケモモ ツマトリソウ…
コメント:18

続きを読むread more

浅間山一周・花散歩 (三方ヶ峰、ハクサンチドリ他)

 浅間山一周・花散歩の続きです。引き返す段になって少し天気が良くなって来た、山の天気は変わり易い、帰りはルートを変えて原っぱ中心。 ヤグルマソウ、コバイケイソウはまだ蕾も無い。 先ず目に飛び込んで来たのがハクサンフウロ、ハクサンチドリ。 ツマトリソウ(右2輪)、ゴゼンタチバナ(左) ゴゼンタチバナ…

続きを読むread more

アジサイ(2020年)

 今年のアジサイです。母の日のプレゼント2鉢、一鉢は今年の新品種(サニーデイズ)ブルーが鮮やかでした。今は刈り込まれて来年を待ちます。 もう一鉢は薄いピンクのヤマアジサイ。 刈り込まれても少しの花を咲かせ今でも健在です。余り長く咲かせていると来年が心配になります。 アジサイは全て鉢植えなので時期が来ると中央に寄せ集…
コメント:22

続きを読むread more

ヤマユリ咲く

 浅間山一周・花散歩は一時休憩 庭のヤマユリが咲きました。一輪目は7月5日最初に撮った画像。前から横から後ろからと・・・ 二輪目の蕾も一緒、クガイソウの花も見えます。 今度はマクロで 二輪目が7月7日に咲き良い香りが漂っています。 西日に照らされ花弁が白くなって見えます。 レン…
コメント:18

続きを読むread more

浅間山一周・花散歩 (三方ヶ峰、コマクサ)

 標高2,000m、池の平湿原を後に三方ヶ峰に向かう。樹林地帯に入るとカラマツ林が続き風雪で朽ちたカラマツやコケが妙に美しい。 少し上り三方ヶ峰に(13:15)到着、ここは標高2,040m。山の天気は変わり易い、嫌な予感がする。幾重にも重なる山々をユックリ見ていたいのだが急いでコマクサを撮る。 こ…
コメント:20

続きを読むread more

浅間山一周・花散歩 (池の平湿原①)

 池の平駐車場(標高2,061m)12:30到着、直ぐに池の平湿原(標高2,000m)に下って行きそこからコマクサの咲く三方ヶ峰(標高2,040m)に上る。(地図はクリックで拡大出来ます) 下る途中でアヤメ、ハクサンチドリが直ぐに見られた、ラッキー! レンゲツツジも咲いている。 30分も歩くと池の平湿原に到…
コメント:22

続きを読むread more

浅間山一周・花散歩 (軽井沢植物園)

 無性に湯の丸・池の平のコマクサ、ハクサンチドリが見たくなった。天気予報を見ると雨、曇りが続き晴れは7月2日しかない。9時に思い切って家を飛び出した。(4時に出発するのが普通なのだが・・) 浅間山も火山活動が活発になっていて半径2kmは危険、余裕を持って5km以内には近づかないように何時も通過する高峰林道は止めた。ルートは①軽井沢植物園…
コメント:18

続きを読むread more

レインリリー(ゼフェランサス、ハブランサス)

 レインリリーはヒガンバナ科の球根植物で雨上がりの後に咲くのでレインリリーと呼ばれています。庭で咲いている二種のゼフェランサス、ハブランサスのレインリリーです。この二つの花は大変よく似ています。 ゼフェランサスはサフランモドキに代表される花で特徴は下記の三つの画像のように(1)花弁がやや太め(2)雌蕊が直線的で長い(3)雄蕊もやや…
コメント:24

続きを読むread more

パイナップルリリー咲く(開花途中)

 ヒアシンス科ユーコミス属のパイナップルリリーの開花が始まりました。 中央アフリカ原産のこの花は暑さに強く冬も地上葉茎が枯れても球根が残り丈夫な草花です。 和名はホシオモト(星万年青)と呼ばれ花はこれから咲き~2cmの花径の前後に6枚の花弁を持って星型に開きます。(7月2日撮影)
コメント:18

続きを読むread more

再びのストレプトカーパス

 花期の長いストレプトカーパス。 咲き初めて蕾が後から後から付いてきます。 ストレプトカーパスはイワタバコ科ストレプトカーパス属。昨年挿し葉で増やし友人に三株、手元に五株もあります。 イワタバコに似て挿し葉で良く付くし冬も戸外で葉は枯れますが根は残って春になるとイワタバコ同様に目を覚まします。 ロゼッ…
コメント:24

続きを読むread more

カンナの咲く散歩道

 同じ利根川堤防に突き当たり西に回る散歩コース。堤防にカンナが植えられて毎年この時期になると花が咲く。 昼食後の散歩だったのでオシロイバナ、ハゼランは開花していなかった。 白いシャボンソウ 堤防の最後に白い毒キノコ、今まで見ていない場所にこのところの雨降りで一気に出てきた。 堤防から下りて散歩道に入ると斑入り…
コメント:2

続きを読むread more

ネムノキの散歩道

 利根川堤防に大きなネムノキがあり花が咲いた。シベが美しい! 大半が雄蕊(赤い色)だが中に(白髪)が見えるのが雌蕊。 間もなくラベンダーの植えて有る畑の前を通る。ハチやチョウが群がっていた。 モントブレチアも咲いていた。 ナスとジャガイモが植えてある畑があり花が咲いていた。似たような花だ!(ジャガイモ…
コメント:20

続きを読むread more

水澤観世音、船尾滝

 榛名湖からの帰路またまた道草、坂東16番札所、五徳山水澤観世音。 本堂、六角堂 竜王弁財天横のカエルさん、近くにユキノシタが咲いていた。 近くの森林学習展示館、山野草が有った。 この時期コアジサイ、ガマズミ、アカショウマ 車で少し走った所に船尾滝が有るのを思い出した。まだ見た事の無…
コメント:22

続きを読むread more