庭に咲く花

 ベゴニアが一つ増えて少し賑やかになったのかな? サンパラソル、ベゴニア、秋バラが合体。 サンパラソルは今が盛り。 サフィニア、ストレプトカーパス、マツバボタンはマイペース。 オタフクナンテンの紅葉が始まって来た。 センニチコウ、シュウカイドウが咲き出した。 キレンゲショウマは開花が進まない。…
コメント:16

続きを読むread more

秋の味覚 (ブドウ、他)

 ブドウ(ピオーネ、藤稔)が色付いてきた。 9月28日、6房ほど孫の運動会に持っていった。 こちらのブドウはこれから色づきが始まる。 今年初なりの種なしブドウはもう終わった。 カキは少し色がついてきたかな? レモンはまだまだ青い。 シュンギク、ダイコン、チンゲンサイは直播。 レッドレタスはポ…
コメント:20

続きを読むread more

臨江閣と二宮赤城神社

 県庁に用が有って行った。待ち時間32階の展望台へ。 雲っていたので遠くは見えない。 直下の前橋公園と臨江閣が見えた。 前橋市を代表する歴史的建造物「臨江閣」、国指定重要文化財。 明治17年、当時の県令、香取素彦の発案で建てられた迎賓館。 大河ドラマ「花燃ゆ」でも有名になりました。(9月12日撮影) …
コメント:18

続きを読むread more

赤城神社 (三夜沢赤城神社)

 関東に~300社ある赤城神社、その本宮と推測される三夜沢赤城神社。 鬱蒼とした森の中に有り、創建は不明だが上杉謙信が北条攻めの時に祈願したとされたり、歴史上の人物が登場します。 また1998年5月3日、千葉県の主婦が参拝に来た時に忽然と消えた「赤城神社主婦失踪事件」としても有名になりました。 赤城山麓のパワースポット。 こ…
コメント:16

続きを読むread more

赤城山に秋の訪れ (大沼、大洞赤城神社)

 高原の湖、大沼。 夏は賑やかだった白鳥ボートも静かに湖畔で秋を迎えていた。 赤い神橋が遠くに見えた。大洞赤城神社だ。 大洞赤城神社に行く。 創建は806年(大同元年)と言われこの近くにある三つの赤城神社と区別するため 大洞赤城神社と呼ばれる。 関東地方には~300ある赤城神社の本宮と推測される一社である。 …

続きを読むread more

夏の思い出 (簗場にて)

 鮎を食べに簗場に 渋川、大正橋付近の簗場。 大正橋下流の川中に白いサギがいた。 鮎を探しているのかな? 炭火でコンガリ焼く塩焼き 塩焼き2尾、あんかけ1尾、フライ1尾で満腹だ! この時期ヒガンバナが沢山見られるのだが一輪のみ サルスベリが満開でした。(9月21日撮影)
コメント:20

続きを読むread more

赤城山に秋の訪れ (覚満淵 ③)

 秋の覚満淵は人々を楽しませるだけではなく、動物、鳥、昆虫たちの天国です。 ただ動物(シカ)の食害が酷く山野草保存のため柵で周りをめぐらせています。 鳥たちは人がいない時間を見計らって水を飲みに来るのでしょう。 カモが一羽悠々と泳ぎ 昆虫は草花に止まっていました。 覚満淵の山野草で多く見られるリンドウ …

続きを読むread more

久々の上越線SL

 稲穂も黄色くなり一部刈り入れが始まった。 稲穂の中を疾風するSLを撮りたかった。 渋川駅前後で二回撮れる上越線下り。先ずは渋川駅以南、定番の電化前で一枚。 思った稲穂が見られず渋川駅停車中に宮田の築堤へ 稲の刈り入れの真っただ中、お兄さんもお婆さん、お父さんなど一家総出で刈り入れ中。 稲架掛けもしていた。 …
コメント:21

続きを読むread more

赤城山に秋の訪れ (覚満淵 ②)

 覚満淵の遊歩道を戻る。 空は青く澄んで名残の夏雲。 傍らのノハラアザミに群がる昆虫。 小菊やノハラアザミが咲いていた。 遠く聳える地蔵岳のアンテナ群が小さく見える。 そしてそれを拡大して見る。 遊歩道にススキが靡き 覚満淵のシンボルツリーの前をカモが悠々と泳いでいた。(9月6日撮影) 都…

続きを読むread more

ヒガンバナ探し

 9月19日(木)認知機能検査を無事に済ませ午前中時間があったので ヒガンバナ探し。検査会場は「前橋東部高齢者講習会場」 赤城山麓に近く「ぐんまフラワーパーク」にも近い。 赤城山麓は稲穂が黄色くなり一部刈り入れが始まっていた。 この時期になってもヒガンバナは芽も出ていない。 次はぐんまフラワーパークへ ぐんまフラワー…
コメント:17

続きを読むread more

赤城山に秋の訪れ (覚満淵 ①)

 覚満淵に入る。 覚満淵のスタート地点にアケボノソウが咲いていた。 近くの藪に目をやればサラシナショウマ 池の畔にワレモコウ 大沼方向には名残の夏の雲が。 ミゾソバ、シシウドはこれからの開花。 半周過ぎたところで通行止めになっていた。 散策路の工事らしい。 止む無く折り返し戻る。 …
コメント:15

続きを読むread more

赤城山に秋の訪れ (鳥居峠、小沼)

 9月6日(金)晴れ、赤城山・覚満淵のアケボノソウが見たくて上る。 赤城山に行った時には必ず鳥居峠まで行き、覚満淵と大沼を見る。 この景色が大好きです。 手前に覚満淵、奥に大沼が見える。 峠の反対側は埼玉、東京方面。 山の斜面にトリカブト、白いツリガネニンジン ノハラアザミに食らいつくハチ。 アキノキリ…

続きを読むread more

花散歩 (2)

 田圃の稲も黄色くなってきました。 田圃の真ん中で見慣れない大きな鳥が舞っています。 アカトンボは平気な顔で飛んでいました。 風が止むと大きな鳥は稲穂の上で一休み。 稲の害鳥対策は光るロープ、黒いビニールカラスが一般的でしたが新種のオオトリは初見です。 畑に入るとハナオクラ。 柵に絡みついたマルバルコ…
コメント:23

続きを読むread more

花散歩 

 いつもの利根川堤防経由小さな花壇です。 堤防にはオシロイバナ、ハッカのほかカンナが見られます。 小さな花壇に来ると秋が来たかのようにキバナコスモス、ケイトウ、サルビアが。 夏を惜しむかのようにノーゼンカズラ、ツルバキア、アジサイ、ボタンクサギ。 ジニア、ニチニチソウ、ハクチョウソウ、ポーチェラカ…

続きを読むread more

草花の挿し芽、他 (2)

 鉢植えのレモンは何時か寿命が来るので 次のレモンを育てておく必要が有ります。 レモンは挿し木で良く付きます。 ピンクのストレプトカーパスの挿し芽です。 イワタバコと同じ科で挿し芽で付く事を確かめます。 紫のストレプトカーパスは大きくなって来たので株分けしましょう。 クマガイソウ、シラネアオイ、イワタバコ、エビネ…
コメント:25

続きを読むread more

草花の種蒔き、挿し芽ほか

 春に綺麗に咲いたウンナンサクラソウ 種を採り蒔きし苗が出来た。 この後冬を越し来春の開花。暑さには弱いが寒さには滅法強い。 ミヤマオダマキも採り蒔き 来春開花は無理、3年は掛かるでしょう。 サフィニアは何度も切り戻して楽しみました。 挿し芽で来春また新しい花が咲くでしょう。 ヤマシャクヤクの種…
コメント:17

続きを読むread more

メダカの学校

 趣味のメダカです。 餌を上げる時など近寄って来ます。 色んなメダカが生まれて面白いですよ。 1.場所も取らず。 2.強くて夏の温度、冬の寒さにも耐える。 3.色も多彩(黒、アルビノ、光沢、紅白、三色など) 4.簡単に交配し卵を産み孵化する。 など金魚、錦鯉などに比べると手軽で育成出来ます。 これはオレンジ、赤系の(楊貴…
コメント:19

続きを読むread more

趣味の果樹

 台風15号の被害が無く庭に植えてある果樹。 カキが大きくなってきた。 カキは晩秋に干し柿にしています。 オレンジは今年も良く実っている。 鉢植えのレモンもまた豊作。 2月に食べられるスイートスプリング、昨年も良く実ったが今年も出来ている。 ミカンはゼロ。 柑橘類はまだ青いがこれから黄色になってくるので殺風…
コメント:19

続きを読むread more

ぐんまフラワーパーク (花散歩)

 散歩も兼ねて来るぐんまフラワーパーク。 年間パスポートを使ってるのでもう12回も来ている。 ニチニチソウで吸蜜するアゲハチョウ。 アオイロフジバカマ、フシグロセンノウ、ミズヒキ、オミナエシ。 エキノプス、ジャイアンツパラソル、マンデビラも モミジアオイの隣にダリアが。もうじきダリアの時期。…
コメント:20

続きを読むread more