テーマ:群馬の山・山野草

池の平湿原にて 

高峰林道を~10分も走れば池の平湿原駐車場に 駐車場から歩いて~15分で湿原に入る。 歩いて一周する。 鏡池、標高2,000m この付近からパノラマで一枚 湿原の先端、開放口まで歩いて行くと 眼下に東御市が見える。 見晴らし…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

軽井沢から高峰高原

 軽井沢からアサマサンラインを通って高峰高原に上る。 アサマサンラインから見る浅間山 山麓はキャベツなどの刈り入れで忙しい。 軽井沢(標高~1,000m)から高峰高原(標高~2,000m)は車で~1時間、楽々上る事が出来る。 高原に上ると直ぐ隣に浅間山、小諸市、佐久市の街並みが見える。 …
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

草津温泉・西の河原

 草津温泉、薬のいで湯 恋の病以外は治ってしまう名湯です。 泊まったホテルは湯畑の真ん前。 この日の宴会は盛り上がり、一次会、二次会と話は尽きず午前様。 翌朝、朝食後西の河原を散歩。 河原の至る所から~50度Cの湯が15,000L/分湧き出し温泉の硫黄臭が漂う。 強酸の湯で10円玉を湯に浸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チャツボミゴケ公園

 高崎駅で待ち合わせて草津温泉に向かいます。 途中チャツボミゴケ公園を案内しました。 ここは過去に二度訪問しているので案内も楽です。 チャツボミゴケ公園はラムサール条約登録の芳ヶ平湿原の一角にありPH2.8の強酸の鉱泉(~20度C)に生えるコケが有名です。 ウロコゴケ目、ツボミゴケ科のコケで学名はユンゲルマンニアブルカニコーラ …
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

鹿沢野草園 (3)ラスト

 早朝撮影開始 山から太陽が顔を出す。 サラシナショウマが風に靡いて ノハラアザミ 棘の無いタムラソウ、花姿はノハラアザミに似ている。 最後のヤマオダマキ ハクサンフウロ、ヤマハギ (9月6日撮影) 今朝は早くに出発、遅いのでコメント欄は閉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿沢野草園 (2)

今回の目的はアケボノソウとシラヒゲソウ。 アケボノソウ 湿地帯に咲いていた。毎年株が増えて行くようだ。 リンドウも湿地帯に咲いていた。 やや草の生えた湿地帯で白く輝いていた、シラヒゲソウ。 ミゾソバも トリカブトは湿地帯から少し上がった所 …
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

鹿沢野草園 (1)

 9月6日(木)鹿沢野草園へ ここは自然の地形を利用した野草園。 カンボクの実が赤く熟れているが美味しくないので鳥にも見放されている。 アキノキリンソウ オミナエシ ハンゴンソウ等の黄色が目立つが朝早いのでチョウはまだ活動していない。 白いノギク …
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

鹿沢高原へ (日本一の高原キャベツ)

 この辺り一帯は嬬恋村、嬬恋高原キャベツは全国総出荷量の~50%を占める日本一。 標高700~1,400m 6月~9月の平均気温が15~20度Cと涼しく火山灰土と日照時間が長いのでシャキシャキ歯ごたえのする甘みのあるキャベツが採れる。 四阿山、浅間山に囲まれた高原地帯。 鹿沢スキー場も…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

鹿沢高原へ (八ッ場ダム)

 9月6日(木)、会社OBで鹿沢高原にマレットゴルフ。 (マレットゴルフはゲートボールと同じ道具を使いルールはゴルフとほぼ同じ。) 例によって道草、八ッ場ダム近くの不動大橋から不動滝をみる。 不動滝と滝の手前にある子守マツ。 マツの幹の上にムラサキツツジが生えて、マツが子守をしているような事から名付けられた。 …
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

大沼にて

 雲の流れが早くなってきた。 天候悪化の様相なので帰る事にしたが途中大沼で道草。 暑い夏には賑やかだった大沼もボートが岸に上げられて人もまばらだった。 春、レンゲツツジで賑わった牧場も今は何も無い。 牧場を見下ろす場所にナナカマドやニシキギの紅葉が始まっていた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳥居峠、小沼にて

 赤城山の中で好きな風景の一つ 鳥居峠から眼下に覚満淵を見る。 今散策してきたばかりのシンボルツリー 山側を見ると 岩肌にトリカブトが咲いていた。 ここから小沼までへのハイキングコース。(勿論車でも上れる) キアゲハがアザミに吸蜜していた。 小沼に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤城山は初秋の装い (覚満淵の昆虫)

 オオルリボシヤンマが 必死に産卵していました。 飛んで来ては池に浮かんだ流木に産み付けていました。 イトトンボも恋の季節、二匹が戯れて。 キアゲハは吸蜜です。 ミツバチも負けずと花に止まって吸蜜。 目玉の可愛いイチモンジセセリ 左…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

赤城山は初秋の装い (覚満淵②)

 ススキも伸びてきました。 ズミの木には実がたわわに実っていました。まだこの先赤くなります。 アキノキリンソウ ヨメナでしょうか?白い花が綺麗です。 多層湿原の覚満淵は入り組んで素敵な景観を見せて、これから草紅葉に向かって一段と綺麗になって行きます ア…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

赤城山は初秋の装い (覚満淵①)

 このところ天候不順でパットしない。 8月30日午前中だけ晴天、急ぎ赤城山に上り静かな覚満淵に立つ。 水は豊富で周りはまだ青々している。 アケボノソウが見たかった。 覚満淵のアケボノソウはこれまでタイミングが合わずに見たことが無かった。 一周30分の散歩コース。 …
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

残暑お見舞い申し上げます!

 残暑とは程遠い気候ですが立秋も過ぎました。 お盆を過ぎれば気温も遠慮してくれることでしょう。 夏バテしないように乗り切って行きましょう。 今日から8月19日までブログを休みます。 又の再会を楽しみに!                2018-8-11 信徳                                 吹割…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花巡り (湯の丸・高峰林道)

 池の平から高峰高原までは湯の丸・高峰林道を車で走る。 距離は~3km、~10分間で高峰高原に。 池の平から東御市に下りてまた高峰高原に上るとすれば1時間半は掛かる。 林道と言えども林ではなく東篭ノ登山の中腹に造られた砂利道、悪路をユックリと走る。 山が崩壊したところがあり、大雨が降れば間違いなく通行禁止となる。(夜間は通行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花巡り (池の平湿原に咲く花 ②)

 湿原の突端にくるとまた富士山が現れ眼下には小諸、佐久方面の町が見えた。 オトギリソウ、スズラン。 花弁の縁が少しピンク掛かったツマトリソウ。 ナナカマドが少し赤くなって来たかな? コバイケイソウは背が伸びてきた。 ここでも多く見られるハクサンフウロ。 …
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

花巡り (池の平湿原に咲く山野草)

 鹿沢(標高1,350m)から地蔵峠(1,732m)に上り、さらに池の平(2,000m)に向かう。 この池の平湿原は火山で出来た高層湿原。 すぐにアヤメ、ノビネチドリが現れた。 地図上で現在地から鏡池まで歩きコケモモラインを歩いて回る~1時間コース。 林間ではレンゲツツジ、シャクナゲが咲い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花巡り (たまだれの滝)

 古い記事ですみません。 花巡りで鹿沢野草園見た後は池の平に向かいます。 途中たまだれの滝で道草を。 小さな吊り橋を渡ると静寂の中に周りの木々を映し出した小さな池がありました。 今にも水の精が出て来そうな澄んだ池でした。 少し上って行くと ヤグルマソウ、ヤマオダマキの花が咲いていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花巡り (鹿沢野草園2)

 珍しく小鳥が囀っていた。 何鳥でしょうか?ショウビタキのメスかな? アヤメ ホタルブクロが咲き ウツボグサに目玉の大きなセセリチョウが吸蜜。 ヒョウモンチョウでしょうか? キンバイソウ ハクサンフウロも咲き出してこれからま…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

花巡り(鹿沢野草園)

 東御市から一気に標高1,730mの地蔵峠まで上る。 途中、第50番の馬頭観音(弘法大師のさかさ杖)に花巡りの安全を祈願する。 地蔵峠からは群馬県側に下って行き標高1,350mの鹿沢園地に着く。 ここには国民休暇村がある。 ここの野草園地は一部木道もあり草刈りもされてロープが張られ歩き易い。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲン担ぎ、雷電、星の軌跡

(1)ゲン担ぎ 7月2日快晴、信州は立科高原でゴルフ。 高原の割と簡単なコースだと言う事で目標を79に置いて臨む。 フロントのお嬢さんから渡されたロッカーNOを見て嬉しい。NO.379(お嬢さん有難う!)、そして貴重品保管庫は自分で選んだ番号NO.79. 元会社OBによるコンペ、右は昨年(第12回)優勝のTさん、素晴らしいフ…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

霧の妙義山、碓氷湖

 前夜からの雨が上がり霧の掛かった妙義山。 妙義山の麓に芝刈りへ 余裕を持って早い時間に出発しているので裏妙義を廻り初めてみた中木ダム。 オシドリの越冬地として有名な妙義湖を堰き止めている。 ダムを通して裏妙義の頭が見えた。 こちらは碓氷湖、坂本ダムによって堰き止められている。 …
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

赤城山・鳥居峠、大沼

 先日の赤城山の続きです。 鳥居峠(標高1,392m)に上って覚満淵(手前)、大沼(奥)を見る。 両方とも先日の雨で満水。 大沼(標高1,350m)に下りて緑とスワンボートを撮る。 ボート遊びはまだ早い、梅雨明けまでお預けか? 岸の緑が眩い。 倒れそうな鳥居、危険立ち入り禁止が貼っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤城山・覚満淵

 覚満淵は標高1,360mに位置している。 右奥は長七郎山(1,578m) レンゲツツジの満開だった牧場(1,430m)よりも低いがレンゲツツジは5分咲きだった。 先日の雨もあり池には水が沢山。 比較的開花の進んでいるレンゲツツジを選んで撮った。 満開の大きなヤマツツジ、ズミの白い花も咲…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

紅に燃ゆる

 標高1,430m赤城山の牧場付近一帯が真っ赤になりました。 群馬県の県花「レンゲツツジ」の満開です。 緑と赤のコラボレーション 売店のサラサドウダンツツジやナナカマドも咲いていました。 多くのカップルや車椅子でレンゲツツジを楽しむ老人の人達も見…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

赤城神社参道のヤマツツジ

 4月24日、朝までの小雨が上がり参道は霧がでていました。 樹齢70年のヤマツツジ、80年~400年のマツは有名で県内外から見に来る人も多いです。 鳥居の辺りは8分咲きでしたが幻想的な風景が見られました。 マツの幹と真っ赤なヤマツツジ。 ウワミズザクラも咲いていました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花巡り (妙義山)

 9日間の長い連休が終わった(・・・と言っても私は毎日GW) パソコンから離れられたが4人の孫と5日間も遊び疲労気味、前に撮り溜めた画像でブログを再開。 妙義山は例年ならばGW,遅咲きの八重桜が満開ですが今年は二週間も早くてこの日は8分咲き 早々と散り出したヤマザクラと妙義山の奇勝。 白いハナミズキ …
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

ハナモモの駅

 毎年楽しみにして出掛ける「わたらせ渓谷鉄道」通称「わ鉄」の神戸(ゴウド)駅。 神戸駅では1989年に開通してから10年を過ぎた記念として2000年に300本のハナモモを植えたそうです。 跨線橋の上からパノラマで撮ってみました。 駅の一番ホームと道路のカーブミラーにもハナモモが溢れていま…
トラックバック:0
コメント:28

続きを読むread more

里山で

 オープンガーディンを見た後は近くの「カタクリの花としだれざくらの里」を案内して貰った。 遥か彼方に藤岡市にある桜山が見え山全体が真白く見える。 ニリンソウも咲いていた。 カタクリは終盤で殆どが閉じ綺麗な花を2~3株撮った。 アマナ、ヤブレカサ ・・・…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more