テーマ:山野草

浅間山一周・花散歩 (春編・・・三方ヶ峰、コマクサ)

 標高2,000m、池の平湿原を後に三方ヶ峰に向かう。樹林地帯に入るとカラマツ林が続き風雪で朽ちたカラマツやコケが妙に美しい。 少し上り三方ヶ峰に(13:15)到着、ここは標高2,040m。山の天気は変わり易い、嫌な予感がする。幾重にも重なる山々をユックリ見ていたいのだが急いでコマクサを撮る。 こ…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

山野草咲く (クモキリソウ、トンボソウ、ヤマオダマキ)

 クモキリソウが咲きました。ラン科クモキリソウ属の多年草。 UFOに乗って宇宙からやって来たような何とも奇妙なスタイルです。 追ってトンボソウも咲きました。 同じくラン科ツレサギソウ属の多年草です。トンボと言うよりはオタマジャクシが茎に絡まっているような花姿です。 オダマキの最後を飾ってキバナノヤマオダマ…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

庭に咲く山野草 (ハタザオキキョウ、ヒメカンゾウ、マツモトセンノウ、ツクシカラマツ、)

涼しい色で人気のあるハタザオキキョウ ヒメカンゾウは蕾が沢山有って咲き続けます。 マツモトセンノウが暗い処で存在感を示しています。 ヒメカンゾウを相手に一輪でも勝負します。 白い線香花火のようなツクシカラマツは終盤に入って来ました。(6月6日撮影)
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

カキランが咲きました

 カキランはラン科カキラン属の多年草です。 花の色が柿の実の色に似ている事からカキランと名付けられました。 このカキランは5年前(2015年、6月)に蕾の付いた鉢植えを買って来ました。花が終わった後に露地植えにしました。 その後茎は出て来るのですが花が付きません。2018年6月、三年越しに漸く一本の茎に花を付けました。 翌年の2…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

イワタバコ咲く (2)

 赤紫のイワタバコの後を追って白とピンクも咲きました。 白は星型です。 ピンクも少し遅れて咲きました。 花期が長いので三色揃い踏み、無事に出来ました。(6月6日撮影)
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

イワタバコ咲く 

 イワタバコ科イワタバコ属の青紫色のイワタバコが咲きました。 この花は星の形に花弁が広がっています。 今までは気が付かなかったのですが4つのもの 6つのも有ります。(6月3日撮影) イワタバコは元来渓谷の湿った岩に咲く植物で雨が大好きです。 白、ピンクのも蕾が膨らんで青紫が開花を促しているようで…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

ホタルブクロ開花

 ホタルブクロが開花しました。ホタルブクロはヤマホタルブクロとホタルブクロの二種があって大変よく似ています。 家の庭には赤紫のヤマホタルブクロと白のヤマホタルブクロ、白のホタルブクロの三種類が咲いています。 赤紫のヤマホタルブクロ 白のヤマホタルブクロ 白のホタルブクロ 赤紫のホタルブクロの花を一個摘んで来…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

ツクシカラマツ咲く

 ツクシカラマツは、キンポウゲ科カラマツソウ属の宿根草、可愛い小さな白い花。 ツクシと名前が付いていますが、九州筑紫地方には自生がなく、対馬列島から済州島に分布するムラサキカラマツと、屋久島に自生する ヤクシマカラマツとの交配種と言われています。 カラマツソウと比較すると小型で鉢植えで栽培しています。5年も植え…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

山野草 (ベニバナヤマシャクヤク、イワチドリ)

 ボタン科ボタン属のベニバナヤマシャクヤクが咲きました。 この花の育成は割と簡単ですが時間が掛かります。まず種を蒔いて芽が出るのに2年、そこから開花まで4~6年は掛かります。 長い間に枯れてしまったり折れたり色々なトラブルも発生します。 また開花期間が短くて咲いて~6日間しか持たない儚い命。 それだけに愛しいベニバナ…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

山野草 (スズラン、アマドコロ、ヒメイズイ、ホウチャクソウ 他)

 露地植えにすると根が張り出して困っているスズラン、大分抜き取ってしまいましたが可愛そうなので場所を変えて植えました。 その所為か花付きが悪くなりました。 ピンクスズランを隣に植えて開花を促します。来年は上手く行く事でしょう。 イカリソウの最後を飾って白いバイカイカリソウ。 アマドコロ、ヒメイズイも白い小さな…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

山野草 (ヒメサユリ、ツボサンゴ)

 ヒメサユリ(ユリ科ユリ属)が咲きました。 小さくて可愛くて目に入れても痛くは有りません。 少しピンクがかっているのですが今年は少しピンクが出ていません。(写真映りが悪いです) 昨年二輪咲いたのに今年は一輪、チョッピリ寂しいです。 アップで写したら恥ずかしそうに横向いてしまいました。 赤いツボサンゴと一緒に。 …
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

山野草 (タツナミソウ、ハクスイカ(スペイランサ・ガーデニー))

 青い波、白い波、立浪。海なし県に住んでいると海、波に憧れます。 タツナミソウまでが波に見えてきます。 青い波 白い波 両方の波が合成されて 大きなうねりになって押し寄せます。 白いハクスイカ(スペイランサ・ガーデニー)も加わって 三つの波が打ち寄せます。(5月4日撮影)
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

山野草 (ミヤマオダマキ、西洋オダマキ、ヒメウズ)

 オダマキ(キンポウゲ科オダマキ属)にも色々あるがミヤマオダマキの青が好き。 園芸品種に白もあるけどやはり青が好き。 西洋オダマキになると青、ピンク、白、黄色、オレンジと多彩だ。 以前色々育成した事が有り、これらはその残りもの。 青、ピンク、ピンクの八重。 超ミニのオダマキ、ヒメウズ。 植えた記憶…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

山野草 (シコタンソウ、タンチョウソウ、チゴユリ)

 4月から庭を賑やかにしてきたニリンソウ、アシュガ、ヤマブキソウも終盤に 近づいて来ました。 アシュガは強いので伸びた蔓を切っておきます。 シコタンソウ ユキノシタ科ユキノシタ属の多年草 シコタンソウは山野草の生える良い場所を貰いました。 タンチョウソウ ユキノシタ科タンチョウソウ属の多年草。 これは鉢植…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

山野草 (サクラソウ、シラー・カンパニュラータ)

 3月28日から咲き出したサクラソウ、一ヵ月も咲いています。 終盤に近付いてきました。 サクラソウ科サクラソウ属の多年草、庭を賑やかにしてくれる花です。 サクラソウの間に顔を出して来たシラー・カンパニュラータ。 青とピンクです。白は別の所で寂しく咲きました。 良く咲いてくれたウンナン…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

山野草 (ミヤマホタルカズラ、タツナミソウ)

 東京から群馬にお嫁に来た時はか細くて弱々しい一株だった。 それが今では群馬の水、気候にも慣れてすっかり落ち着いたミヤマホタルカズラ。 ムラサキ科ミヤマホタルカズラ属のこの植物の茎は枝状に広がって行き上部に花を付ける。 多くの園芸品種があって白いものもある。 同じブルーのタツナミソウ。 白とブルーがあるが白はま…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

山野草 (ヤマブキソウ、キバナホウチャクソウ、ラショウモンカヅラ)

 ヤマブキソウが真っ盛り、黄色でヤマブキに似ている。 違うところは花弁が4枚(ヤマブキは5枚) こちら一重のヤマブキ ヤマブキソウを囲んでニリンソウ、キバナホウチャクソウ、ラショウモンカズラ。 キバナホウチャクソウ。 キバナホウチャクソウの隣にホウチャクソウ。 まだ開花していない。 ラシ…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

山野草 (シラネアオイ、クマガイソウ)

 シラネアオイも終盤です。 今年は種を採る事もないので花が終わったら早めに花柄を摘みます。 クマガイソウの開花です。 恥かしそうにシラネアオイの陰に隠れています。 愈々正面を向いてくれました。 熊谷次郎直実が母衣を付けた姿です。 誰かさんが後方でピンクパーサーの種を採っていました。(4月2…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

キバナセツブンソウの種蒔き、他

早春に黄色い花を見せてくれたキバナセツブンソウ 種が出来 鞘が割れて種が見えて来ました。 早速鞘から種を取り出し 山野草の土(専門の土)を平鉢に入れ種を蒔き土を軽く載せてタップリ水を掛けて終わりです。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

庭に咲く花 (ニリンソウ、ラショウモンカズラ、ヤマブキソウ 他)

 昨日はタップリ雨が降りました。 幸い風は弱く花への被害は有りませんでした。ラッキー! ニリンソウも最盛期だったので撮りとめておいた画像です。 ニリンソウの中にサクラソウが一輪。 ヤマブキに似たヤマブキソウが咲き出しました。 キバナカタクリは終わりです。 代ってキバナホウチャクソウが。 強い勢力…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

庭に咲く花 (サクラソウ、シラネアオイ、クマガイソウ 他)

 4月18日(土)午前中の天気予報は大風、大雨。 折角綺麗に咲いてきた草花が痛めつけられてしまうのが心配です。 サクラソウ シラネアオイなど紙のように薄くて飛ばされそう。 クマガイソウも開花直前ですが・・・ 鉢植えならば鉢を引っ込めることが出来ますがどうしょうも有りません。 白のシラー・カンパニュラー…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

庭に咲く花 (西洋オキナグサ、イブキジャコウソウ 他)

 西洋オキナグサ イブキジャコウソウ、日当たりの良い所から始まりました。 西洋ジュウニヒトエ(アシュガ)、強くてニリンソウと競っています。 三金種(ヒメリュウキンカ、ヒメキンバイ、ユウバリキンバイ) ヒメリュウキンカ ヒメキンバイ ユウバリキンバイ ヤブレガサ、クワガタソウ シラー…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

庭に咲く花 (サクラソウ、ニリンソウ 他)

 サクラソウが咲きました。 まだ半分も咲いていませんが大分咲いて来ました。 赤、ピンク、白が綺麗に咲いてきました。 強いニリンソウが勢力を伸ばしています。 放っていたら他の所まで食い込んで行くでしょう。 石付きのタンチョウソウ。 キバナカタクリは鉢から路地に下ろしたので株が増えましたが花は…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

庭に咲く花 (シラネアオイ、ヤマシャクヤク 他)

 まだまだ花見は続くのですが庭の山野草が咲き出して来ました。 ムラサキと白のシラネアオイ。 シラネアオイは育成が難しく何度も失敗しています。 最近少し分かって来ました。 シラネアオイの他クマガイソウとレンゲショウマに凝っているのですが この二つは漸く茎が伸びて来たところです。 先に咲いたイカリソウ…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

庭の草花 (山野草の種)

 カタクリの花も終わりました。 楽しませて貰った春、先端に小さな種が出来ています。 キバナセツブンソウ セツブンソウ バイカオウレン ヒメチュウキンカは一部種が出来ていますがまだ咲いています。 以上4種類の種の状態です。 種は鞘が割れて毀れる寸前に鉢に採り蒔きします。 キクザキイチゲもまだ咲い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

庭に咲く花 (山野草)

 イカリソウが咲きました。紫、白、黄色、橙の4色です。 イカリソウはとても強く露地植えで繁殖して行きますので 時々間引きします。 サクラソウの開花です、赤い赤城と白です。 ウンナンサクラソウが手前に二株あり奥にクリスマスローズが植えて有りますので サクラソウが全部開花するとコラボが楽しめます。 スノーフレーク…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

小串のカタクリ

河岸段丘の北斜面に咲いているので写真は撮り易いです。 可憐な紫色の妖精が並んでいました。 綺麗なヤブツバキも咲いています。 キツネノカミソリ、ヤマユリ、ウバユリも楽しませてくれる場所です。 遠くに浅間山が霞んで見えました。 昨日の記事と重複しますのでコメント欄は閉じています。(3月21日撮影…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白いカタクリ (高崎市、吉井町・小串)

 ここには白いカタクリが存在し、それを見つける楽しみがある。 勿論、紫色のカタクリも綺麗で特に花弁の斑紋が素適だ。 地元の小学生が色々と世話をしているとの事。 白いカタクリは非常に珍しい。 突然変異のアルビノ種と言われるもので数万本に一本と言われています。 先に見に行った岩宿では一株も見たことがありません。 …
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

岩宿のアズマイチゲ、アマナ

 岩宿はタイミングが良いとカタクリと一緒にアズマイチゲ、アマナが咲きます。 真っ白なアズマイチゲが美しい。 美形を一輪撮りました。 ハッチー君が花の中に飛び込んで。 魚眼で遊びます。 アズマイチゲとカタクリのコラボを撮りました。 アマナもタイミング良く咲いていました。 アマナとカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩宿のカタクリ

 群馬県・みどり市、岩宿のカタクリが咲きました。 昨年より一週間早い開花です。 花弁には綺麗なカタクリ独特の模様が。 カタクリの他アズマイチゲ、アマナが生えていました。(3月19日撮影)
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more