テーマ:

紅葉、秋保(あきう)温泉

 ホテル裏の渓谷は紅葉真っ盛り 伝承千年の宿 純高級和風旅館 名物の「せり鍋」に宴会も盛り上がる。 旅館内の庭園も趣が有る 早朝の散歩に気分が癒される。
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

秋保温泉とみちのくの旅(2)・・ワイナリー見学、秋保大滝

山形にある高畠ワイナリー ワイナリー見学の楽しみの一つ、試飲。 郊外にある高層マンション、ここにも虹が架かっていた。 このあと蔵王のお釜を見る予定だったが雪が降って交通止めになった。 スキー場は真っ白 予定コースを変更し秋保大滝へ …
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

秋保温泉(宮城県)とみちのくの旅・・(1)上杉神社

 一ヵ月前の旅行記です。 11月11日~12日、友人の会社のバス旅行でカメラマンとし参加してきました。 行き先は仙台の奥座敷と言われる秋保(あきう)温泉。 栃木県~福島県~山形県経由、宮城県のバスの旅。 出発直前に雨が上がり福島県に入った頃から虹が出ました。 二本松ICの先で交通事故、高速道が閉鎖され止む無く一般道を走…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

横浜散策 (海の守り)

 二日間の横浜散策で5日も引っ張ってしまいました。 最後です。 横浜港は交易、観光だけではない 海の守り 北朝鮮の工作船が展示されていた。 漁船に摸した工作船、2001年12月22日、九州南西海域で巡視船と交戦して自沈した工作船の模型 これは自沈したものを引き上げた実物 弾痕…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

横浜散策 (展望)

 横浜散策続きます。 夢で見た200万ドルの港夜景、今日は一番にタワー展望台に上ります。 港が真下に見える方角(北東)、観覧車の時刻は10:06(タワーのエレベータ10時開始) 一番乗りです。 南東方面 更に南西(左側) 北西、東京方面(右側) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜散策 (港夜景)

 ホテルのラウンジで食事をとったあと外に クロスゲートから見える夜景が素適。 横浜グランドインターコンチネンタルホテル、コスモワールドの観覧車 街はクリスマスモード。 クイーンズスクエアの大きなモニュメント 店内は広く、高級ファッションばかり …
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

横浜散策 (山下公園~日本大通り)

 山下公園からランドマークタワー、インターコンチネンタルホテルなどが見える。 海なし県に住んでいると海も船も新鮮に見える。 港横浜、ベイブリッジとカモメの水兵さん。 ♪赤い靴履いてた、女の子・・・ 異人さんに連れて行かれなくてアメリカを見つめていた。 公園にもツワブキの花が咲き横…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横浜散策 (桜木町駅~山下公園)

 気の置けない仲間7人で11月6日~7日横浜散策 ガイドは横浜在住のメンバー 桜木町駅前11:00集合 「赤いくつ」市内周遊バスに乗り 中華街へランチ 豪華で高そうな萬珍楼を横目で見ながら 落ち着いたところは中国・広東省の店「菜香」新館 リ…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

日光・鬼怒川温泉旅行、旅の終わりは(吹割の滝)

 中禅寺湖から戦場ヶ原を通って (車窓から) 金精峠を抜けると群馬県に入る。 金精峠からは中禅寺湖、男体山が良く見える。(車窓から) 吹割の滝は最上段から俯瞰で見る。(手前から奥に水は流れ一番奥に滝が有る) 切り立った岩と紅葉が美しい。 台風…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

日光・鬼怒川温泉旅行 (華厳の滝、中禅寺湖)

 鬼怒川温泉泊まりの翌日も快晴。 朝一番で華厳の滝に向かう。途中いろは坂を上った明智平付近から渋滞していた。 (車窓から撮影) 華厳の滝駐車場も渋滞、駐車場から男体山が見える。 エレベータで下りる有料の観爆台が混雑しているので無料の展望台から見る。 落差97m、幅7m、那智の滝、袋田の滝と共…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

日光、鬼怒川温泉旅行 (東照宮)

 改修なった陽明門 家康公が眠る東照宮 1616年、73歳で没、一周忌後久能山から日光へ 五重塔は1650年奉納されたが火災に遭い1818年再建された。 表門(仁王門)と続く 神厩舎にある三猿の彫刻。 猿が馬を守ると言われ多くの猿が人間の一生を風刺されて彫られている。 平日で…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

日光、鬼怒川温泉旅行 (大猷院)

 10月26日~27日、元の職場メンバーと日光、鬼怒川温泉旅行。 高崎を出た時には浅間山が冠雪、白く輝いていました。 宇都宮ICを下りて名物の餃子料理で昼食、久しぶりに水餃子も頂きました。 日光に着き最初の見学は三代将軍家光公の霊廟「大猷院」でした。 ご本尊掛け軸「釈迦三尊像」が特…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

涼味満点滝巡り(4.吹割の滝)

 滝の最後は吹割の滝。 水量の多い事、飛沫が凄い事から東洋のナイアガラとも呼ばれている(少々大袈裟な!) この時期雪解けで水量が多い。 遊歩道があるので下流から入って上流に向かう。 緑が美しい。 年に一件位のトラブルが有るらしい。 外国人の観光客が増えているので英語、中国語(群馬県…
トラックバック:1
コメント:22

続きを読むread more

菅沼・丸沼を廻って

 金精峠のトンネルを抜けると群馬県。 シラカバ、ダケカンバの続く道を走ると 右手に出て来たのが菅沼、標高は1,731mキャンプ村がありました。 パノラマ画像からでは分かりませんが複雑に入り組んで三つの湖水に分かれているそうです。 対岸の木々が湖水に映って美しい。 朝早いので誰もい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金精峠

 国道120号線(日光市~沼田市)の中で最も標高の高い所にある金精峠(2,024m)、峠を越えると群馬県。トンネルの標高は1、843mあり、冬季は雪が多くクローズ。 山の中腹には残雪が有って寒いのでしょう、サクラの花も咲いていた。 遥か彼方に通ってきた中禅寺湖や男体山が見えるのだが今日は霞…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

静かなる湯ノ湖

 湯ノ湖は三ッ岳の噴火によって湯川が堰き止められて出来た湖。 標高1,475m,三方を山に囲まれて静かな佇まいをしている。 ヒメマス、ニジマスなどが釣れ、この日も2名が釣っていた。 アズマシャクナゲ オオカメノキ トウゴクミツバツツジの…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

涼味満点滝巡り (3.戦場ヶ原~湯滝)

 竜頭ノ滝を見てから120号を湯滝に向かって走る。 途中に開けた戦場ヶ原に立ち寄る。 男体山の噴火により湯川が堰き止められ土砂が堆積して湿原になった。 戦場ヶ原は標高1,395m、その昔下野ノ国(栃木県)男体山の神と上野ノ国(群馬県)赤城山の神が大蛇と大百足になって領地争いをした所と言われている。 …
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

竜頭ノ滝 (上段)

 竜頭ノ滝の下段を見た後、車で上にのぼり駐車して滝の上段をみた。 上段には橋が有り、橋の上から下流が見渡せる。 橋から更に上には細い道は続いているがクマに注意の看板もありカメラマンも余り行かない。 それでも少し上って行くと小さな滝が有った。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

涼味満点滝巡り (2.竜頭ノ滝、下段)

 この滝巡りの一番の目的、竜頭ノ滝。 標高1,350mに位置し幅10m、長さ210mに長い龍が横たわっているような滝です。 最下段に車を停め~100mの範囲の景色です。 一番下の滝つぼ 左側、右側の望遠画像 お目当てのトウゴクミツバツツジは一番良かったようです。 流れ落ちる…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

涼味満点滝巡り (1.華厳の滝)

 暑い日が続きました。 インターネットで奥日光、竜頭の滝にあるトウゴクミツバツツジが見頃だとの情報。 ならば奥日光の滝巡りと5月30日、朝3時半出発しました。 前橋から二時間で華厳の滝に到着、林の間から見える華厳の滝。 途中いろは坂を上った所、明智平(標高1,274m)で一休み。 ここは初めて立ち寄った場所です。明智平から…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

佐渡浪漫紀行 (下)

 4月17日、温泉でユックリ寛いで二日目は小木港から ここはたらい舟が有名なのだが風が少し強くてメンバーは乗るのを止めた。他のメンバーが乗るのを遠くから眺めるだけでした。 風光明媚な矢島・経島。 岩に白い花、スナビコソウか?小鳥がいた、カワラヒワだった。 海側にはトキなどいるはずは…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

佐渡浪漫紀行(中)

 何しろ新潟県で生まれ育ったが佐渡に一度も行った事がありません。 次の観光に向かったのは尖閣湾。 日本海の荒々しい波と岩壁が織りなす景観。 「君の名は」の舞台にもなった。 妙宣寺は枝垂れ桜が綺麗だった。 今宵の宿は真野湾地区の八幡館 料理は最上級の特選コース、アワビ、新鮮な…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

佐渡浪漫紀行(上)

 4月16日~17日、新潟県、佐渡島に友人7名で行ってきた。 カモメが飛び交う中、おけさ丸に乗り込んだ。 最後まで見送ってくれたカモメに別れを告げ二時間半の船旅。 アッと言う間に佐渡・両津港に着いた。 両津港では歓迎の鬼太鼓、赤鬼、黒鬼が大歓迎。…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

海が見たくて (2)

 本日は快晴なり 天気予報に誤りなし。 6時15分カメラセット完了6時半日の出。 ハマギクが 朝日に輝くハマギク カモメも目覚め。 朝日に輝く波打ち際 岩に当って砕ける波。 (12月2日撮影)
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

海が見たくて

 気の置けない仲間と茨城でゴルフ 今日の泊まりは大洗海岸。 この時期の波は荒い。 遠くタンカーが通り過ぎて行く。 カモメが一羽街灯の上に 海では当たり前の鳥だが滅多に見られないので写真に そしてまた波が こんな荒れた日の夜は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

晩秋の能登路 (⑥ 能登金剛、千里浜)

 旅の終わりは能登の西海岸。 荒々しい海岸で能登金剛と呼ばれ~30km続いている。 松本清張の小説「ゼロの焦点」で有名になった「ヤセの断崖」。 この小説以降自殺の名所になったそうです。 ただ平成19年の能登半島地震で突端が崩落して今は減ったとか・・・ 打ち上げる波 …
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

晩秋の能登路 (⑤総持寺祖院、輪島塗)

 かっての曹洞宗大本山「総持寺」です。 本山の機能が横浜市に移転し移転先が「大本山総持寺」となり能登の総持寺は「総持寺祖院」と改称された。 創建は1321年。 立派な山門がドンと構え、パワースポットの「おそうじ小僧」の像があった。 一部改装中であったが紅葉が始まっていた。 み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

晩秋の能登路 (④輪島朝市、キリコ会館見学)

 輪島の朝市はお婆さんが頬かむりして地元でとれた魚介類、野菜を売っている姿をイメージしていたが 観光化した朝市にガッカリした。 これでは上野のアメ横と余り変わらない。 冬の厳しい吹雪の中で開く朝市などもうないのでしょうか? 場所が変わって隣の キリコ会館 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

晩秋の能登路 (③金沢市・東茶屋街)

 金沢市内を流れる浅野川の川岸には木虫籠(きむすこ)と呼ばれる美しい出格子のある古い街並みがあり昔の面影を伝えています。 観光用の人力車が通り過ぎて行きました。 ここで集合写真、私の出番です。 一軒の御茶屋さんを見学しました。 今でも夕方になると御茶屋から三味線…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

晩秋の能登路 (② 兼六園)

 海鮮丼を食べ元気の出たところで兼六園見学。 江戸時代の代表的な林泉回遊式大名庭園の特徴を今でも残している。 隣の金沢城の外郭として城に属した庭だったそうな。1676年庭はスタートした。 桂坂門から入園した。 兼六園は中国宋時代の詩人・李格非の書いた「洛陽名園記」の文中からとって「…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more