テーマ:群馬の山

浅間山、ロウバイ

 安中市松井田町上増田にあるロウバイの郷を見に行く 途中にもロウバイが咲いていた。 遠くから見た妙義山(1、103m)と平らな大地のような荒船山(1,429m) 浅間山は近づくにつれて山陰に隠れてしまう。 これが最後の姿。 ロウバイも結構咲いている。 菜の花が咲いていた。 妙義山とのコラボ。 後方を見…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

大願成就 (少林山達磨寺)

 願いましょう! 新しく設置された達磨灯篭 観音山の裏側少林寺、サック!サックの霜柱。 今シーズン初めて見た霜柱。 リュウノヒゲは青い宝石。 乾燥したアジサイ。 ショウビタキ(オス)がご挨拶。(人懐こいので~4mの至近距離、トリミングなしです) 浅間山が見えました。(1月20日撮影)…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

紅梅咲く

 高崎観音山(標高190m)の紅梅が咲きました。 少し早いようですが観音様のご加護を貰っての早咲きかな? 観音様(高さ41.8m)は青空に白く浮き出ていました。 時は1月20日大寒。 大寒と言えども暖かい日でした。 1936年観音様を建立した実業家井上保三郎の銅像が並んでいました。 もう春がそこまで来…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

赤城山冬景色(白樺牧場)ラスト

 大沼からの帰路、牧場の雪原を見る。 途中帰る道で大沼方面に向かう車を撮る。 ここは急な下り坂で凍っている時には注意を要する。 車を止めて木々と太陽を撮る。 夏は牧場で牛を放牧、冬は雪原でドッグランが行われる。 大分雪が融けて来た。 牧場の周りのシラカバ、ダケカンバが美しい。 ここからも地蔵…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大沼

夏は避暑、ボート遊びで賑やかな大沼も今は人がいない。 氷結していないのでワカサギ釣りも出来ない。 ボート場の方から赤城神社、神橋が見える。 周辺の山は荒れて寒そう。 神橋まで来た。 山は何処から見ても寒そうだ。 ボート場方面を見ると逆光で湖面が光っていた。 湖水は岸辺から凍結が始まってい…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

覚満淵冬景色

 駐車場から歩いて直ぐの所に覚満淵がある。 夏場は山野草、昆虫などの宝庫。 木々の影を見ながら進む。 覚満淵は浅いので氷結しているのでしょうか?全面真っ白。 積雪は~20cm。 山の樹氷が綺麗。 全面白だと覚満淵が広く感じる。 ここからもアンテナ群が見える。 道路が工事中で一周…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

小沼

 赤城山の車で行ける最高地点、小沼。 小沼から見る大沼、赤城神社の神橋も見える。 アンテナ群の建つ地蔵岳方面 小沼は凍結が始まって氷の上は真っ白。 富士山は雲に隠れて見えなかった。 積雪は~20cm程度で長靴で十分だった。(12月23日)
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

樹氷と雲海と(鳥居峠)

 クリスマス寒波の来た12月23日 赤城山に上りました。 赤城山に上ると一番先に目にするのは鳥居峠からの景色です。 眼下に覚満淵、奥に大沼。 高い山を望遠でみると樹氷が 反対側の桐生方面は雲海が 素晴らしい雲海を見る事が出来ました。(12月23日撮影)
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

赤城山雪景色

 12月23日、朝起きたら赤城山が雪! 麓まで白く望遠で見る黒檜山に樹氷が見えた。 急いで朝食を済ませ赤城山に一直線。 8:30出発、早く行かないと朝日で雪が融けてしまう。 標高800m付近から雪が多くなってきた。 道路は朝一番ブルで雪かきしてくれるので楽だ。 10:00頃大沼到着。 道路の横に停めて大沼のボー…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

妙義山

 12月16日、今年最後の芝刈り、場所は妙義山の麓。 朝早めに出掛け妙義神社に一年の無事を感謝した。 妙義山は日本三大奇勝として耶馬溪(大分県)、寒霞渓(香川県)と共に国の名勝 日本百景にも挙げられている。 ふるさと美術館から朝日が当たっている妙義山をみる。 写真の説明の様に幾つものピークが有り全体を妙義山と呼んでいる。 …
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

紅葉 谷川岳一ノ倉沢出合 (一ノ倉沢出合、ラスト)

 マチガ沢から一ノ倉沢出合まで平坦な道をユックリ上って行く。 対面の白毛門が林の間から見える。 山も段々紅葉してきた。 最後の樹林帯を歩く、ランニングして上って行く人もいる。 紅葉は1,000m辺りがピークの様だ。 間もなく標高880mの一ノ倉沢出合に到着。 一ノ倉沢の由来や一ノ倉沢の詳細図が有った。 …
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

紅葉 谷川岳一ノ倉沢出合(路辺に咲いていた山野草)

 この時期は殆どの山野草が枯れていました。 それでも残って咲いていたものを上りながら探してゆきます。 電気自動車が通り過ぎて行きました。 マユミの赤い実が綺麗です。 小菊は色々と咲いていました。 ブナ林が幾つも有るのですが途中で大木が台風で折れたものも見られました。 対面の白毛門が林と林の間から見…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

紅葉 谷川岳一ノ倉沢出合 (マチガ沢)

 10月28日、群馬県民の日 この日は県内の学校、官庁は休み。朝から良く晴れていた。 先日(10月23日)曇天の為行くのを止めた谷川岳一ノ倉沢出合紅葉狩りに。 手前の湯檜曽から見る谷川岳は良く見えていた。 家を出るのが遅かったので谷川岳ロープウエー土合駅(標高746m)に着いたのが11時半。 ロープウエーに乗る人が多かった…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

奈良俣ダムの紅葉

 照葉峡から谷川岳一ノ倉沢出合に行く時の寄り道、奈良俣ダム。 奈良俣ダムは標高886mにあり1990年に完成、高さ158m 岩石や土砂を積み上げたロックフェルダム。 ここの紅葉も綺麗だが紅葉は始まったばかり。 ダムの上から谷川岳方面を望む、曇っているようだ。 至仏山方面も曇って山が見えない。 下からダムを…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

照葉峡の紅葉 (ラスト) 

 色鮮やかな赤、黄葉。 照葉峡に花を添えてくれます。 山野草も静かに冬を待っています。 木に絡んだ蔓も赤に染めていました。 見飽きぬ紅葉の山肌、渓谷に別れを告げ そろそろ次の谷川岳一ノ倉沢出合に行きましょう。(10月23日撮影)
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

照葉峡の紅葉 (渓谷美)

 コースの途中で渓谷に下りる道がある。 渓谷の水は澄んで冷たい。 岩肌も綺麗 渓谷に迫りくる山肌の紅葉も丁度良い感じ。 暫し渓谷美を堪能しながら写真を撮る。(10月23日撮影) 都合によりコメント欄を閉じています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

照葉峡の紅葉 (山彦の滝、白龍の滝)

 照葉峡は関東の奥入瀬と言われますが少しオーバーかな。 それでも大小多くの滝、綺麗な水、渓谷美は何とも言えません。 木々も色づいていました。 滝の中でも一番落差があり水量も多く感じるのは「山彦の滝」です。 細長く白い龍が渓谷を這う「白龍の滝」 段々青空が見えて来ました。 山肌を飾る紅葉も美…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

奥利根紅葉便り

 群馬県・奥利根地方の照葉峡から紅葉便りが届きました。 台風襲来やら気温が暖かかった事も有り今年の紅葉はどうかなと心配していました。 23日(水)久し振りに天気になったので出掛けて来ました。 ここは紅葉のみならず大小様々な滝が見られ渓谷も素敵です。 雨の後で山側から水が溢れて流れ落ち滝のようになっている所も有りました…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

ソバ畑

 白い絨毯を敷き詰めた様に広がるソバ畑。 赤城山麓に広がる、この時期ならではの光景です。 利根川を挟んで対岸は榛名の山々と渋川の街並みが薄っすらと見えます。 ソバの花もマクロで見ると白い花弁に赤い蕊。 とても可愛いです。 隣に白い丸い玉のようなウドの花も咲いていました。(9月27日撮影)
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

赤城山に秋の訪れ (大沼、大洞赤城神社)

 高原の湖、大沼。 夏は賑やかだった白鳥ボートも静かに湖畔で秋を迎えていた。 赤い神橋が遠くに見えた。大洞赤城神社だ。 大洞赤城神社に行く。 創建は806年(大同元年)と言われこの近くにある三つの赤城神社と区別するため 大洞赤城神社と呼ばれる。 関東地方には~300ある赤城神社の本宮と推測される一社である。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤城山に秋の訪れ (覚満淵 ③)

 秋の覚満淵は人々を楽しませるだけではなく、動物、鳥、昆虫たちの天国です。 ただ動物(シカ)の食害が酷く山野草保存のため柵で周りをめぐらせています。 鳥たちは人がいない時間を見計らって水を飲みに来るのでしょう。 カモが一羽悠々と泳ぎ 昆虫は草花に止まっていました。 覚満淵の山野草で多く見られるリンドウ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤城山に秋の訪れ (覚満淵 ②)

 覚満淵の遊歩道を戻る。 空は青く澄んで名残の夏雲。 傍らのノハラアザミに群がる昆虫。 小菊やノハラアザミが咲いていた。 遠く聳える地蔵岳のアンテナ群が小さく見える。 そしてそれを拡大して見る。 遊歩道にススキが靡き 覚満淵のシンボルツリーの前をカモが悠々と泳いでいた。(9月6日撮影) 都…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤城山に秋の訪れ (覚満淵 ①)

 覚満淵に入る。 覚満淵のスタート地点にアケボノソウが咲いていた。 近くの藪に目をやればサラシナショウマ 池の畔にワレモコウ 大沼方向には名残の夏の雲が。 ミゾソバ、シシウドはこれからの開花。 半周過ぎたところで通行止めになっていた。 散策路の工事らしい。 止む無く折り返し戻る。 …
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

赤城山に秋の訪れ (鳥居峠、小沼)

 9月6日(金)晴れ、赤城山・覚満淵のアケボノソウが見たくて上る。 赤城山に行った時には必ず鳥居峠まで行き、覚満淵と大沼を見る。 この景色が大好きです。 手前に覚満淵、奥に大沼が見える。 峠の反対側は埼玉、東京方面。 山の斜面にトリカブト、白いツリガネニンジン ノハラアザミに食らいつくハチ。 アキノキリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more