ホタル撮影撃沈記

6月27日(木)に群馬県の・・・とある八幡神社にホタルを撮りにいきました。
画像

18:30頃着き、神社に上手く撮れるように賽銭を上げ祈念しました。そして明るいうちに場所探しです。
画像画像



























綺麗な小川が流れていてアジサイやギボウシが咲いていました。
画像画像


























ホタルの供養塔もありました。
画像

ホタルの飛ぶ日がピークを過ぎていたのでしょうか誰もいません。初めての場所なので何処に設定すれば良いのか困りました。事前に友人に聞いていた場所に設定しホタルが来るのを待ちます。暗くなって観賞する人が数名来ました。撮影は誰もいませんでした。
画像

30秒~1分とシャッター時間を変えて撮りました。
撮った内の一枚がこれです。上部にホタルが飛んでいます。
画像

ホタルの光は弱いのでシャッター時間1分、ISO800にしてもこの程度の光です。絞りは開放
多く飛ぶ日(最盛期)は1分撮れば4~5匹が入るのでしょう。それにしてもこれらの画像を10枚程度重ねないとホタル画像としては面白くありません。この重ね合わせる方法を来年に向けて只今勉強中です。ホタルの撮影で気がついたのですがホタル撮影を克服すれば花火撮影はもっと楽になるような気がしました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 46

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2013年07月06日 05:48
今年は飛ぶのが早かったのかなー?
昨年は7月ごろ撮影したような気がしたんだけれど。
苦労は多いのだけれども、なかなかいい絵にするには難しい面もありますね。
合成するソフトは色々有るようなので研究してください。
2013年07月06日 06:07
 おはようございます。
 蛍が乱舞する姿は撮影できなかったようですね。数が少なかったのでしょうか。そう言えばしばらく蛍を見ていないです。子供のころはそれほど珍しいものではなく田んぼで見られました。
信徳
2013年07月06日 06:38
イッシーさん
お早うございます!
今年は試し年、来年に期待です。その為には(1)合成(2)ホタル最盛期、この二つで成功間違いなし。鬼が笑っています。
信徳
2013年07月06日 06:41
riverさん
お早うございます!
群馬県内も5~6箇所見られるようです。ここは人が少なくて近くて穴場。来年に期待しています。今日は風もなく雨も降りそうでないので朝早く柿の葉についた「イラガ」の消毒をしました。
花オンチ
2013年07月06日 07:38
信徳さん、お早うございます。オンチが言うまでも無くホタルの撮影に挑戦されていたのですね。昔はどこでも多く見られたホタルも絶滅危惧種になりそうですね。(^0^) この日、ホタルの数が少ないのはお賽銭が少なかったのでは?(^▽^)ホタルの光が尾を引く画像が好きです。鬼が笑ってもいいですから、来年はお賽銭を奮発しましょう!(^0^)
信徳
2013年07月06日 08:00
花オンチさん
お早うございます!
お賽銭は気持ちが大事です・・・と言っても痛いところをついて来ましたね。さすが台湾人!台湾にはホタルはいませんか?見たことが有りません。来年は必勝期してやります。先きが長いね。
2013年07月06日 08:21
蛍撮影はまだやったことがありません。長時間露光で光跡を撮影するのだと思いますが、最後の写真、光跡が見られ上出来です。次の公開写真、期待しています。
2013年07月06日 08:26
数が少なくても構えた画角の真ん中を飛んでくれればいいのですが、相手は昆虫ですからうまくいかないこともありますね。バルブで、数分というのはどうなんでしょう。
合成というのは興味があります。
2013年07月06日 10:32
こんにちは

すいませんタイトルがユニークで(;^ω^)
撃沈ですか?
来年に向けて楽しみが増えましたね。
重ね合わせると豪華な乱舞になりそうです。
ホタルは少なくなりましたが、大阪のど真ん中でも
見られるのですよ^^
来年のタイトルとお写真に期待していますね
2013年07月06日 16:57
蛍の写真に挑戦ですね。
新しい事に意欲的に取り組まれますね。
若さを保持する秘訣ですね。

蛍と花火 次を楽しみにしております。
2013年07月06日 17:06
こんにちは

これだけでも
感じが出ていますね
花火に向けて
ますます腕を磨居いていますね
2013年07月06日 19:06
ホタル撮影、お疲れ様でした。自生のホタルでしょうか?それでしたら、すごく珍しいですね。でも撮影は本当に大変だったでしょう。来年に向けて、その姿勢が素晴らしいです。^ ^
信徳
2013年07月06日 20:08
茜雲さん
今晩は!
長時間露出、10分位と思っていたのですがノイズが出るので1分位で10枚合成が一番良いらしいです。一枚ではホタルのホの字にもなりませんでした。
信徳
2013年07月06日 20:10
長さん
今晩は!
茜雲さんへのコメントを書きましたが長時間だと画面にノイズが載って見れないらしいです。試したことがありません。来年は試して見たいと思います。
信徳
2013年07月06日 20:11
だるまさん
今晩は!
まさに撃沈でした。でもこれで色々勉強になるので来年に期待です。大阪のもホタルがいるなんて凄いですね。
信徳
2013年07月06日 20:13
shuuterさん
今晩は!
新しい事をやっていると面白いですよね。少しでも吸収出来たら有り難いものですがついて行けないものは仕方ありません、諦めます。
信徳
2013年07月06日 20:15
無門さん
今晩は!
♪ホタルの光、窓の雪・・・昔の人は良く勉強したものですね。今のホタルは光が弱くて写真になりません(笑)。
信徳
2013年07月06日 20:17
かるきちさん
今晩は!
群馬にも色々なところで水を綺麗にしタニシを増やしてホタルを増やしています。自生と言えば自生、手を掛けて増やしているので養殖と言えば養殖でしょう。来年は見ていて下さいね。
2013年07月06日 20:57
淡い光を捉えるのは難しいのでしょうね
来年は画像を重ねてほたるが沢山飛んでいるのを見せていただけるのを楽しみにしています
信徳
2013年07月06日 21:19
もこさん
今晩は!
ホタルの光ってホントに僅かなひかり、1分露光してもこんな感じですやはり。特州撮影(合成)しないと駄目なようですね。
2013年07月07日 01:29
ホタルが飛んでるんですね^^
小川の水が綺麗なのですね^^
紫陽花やギボウシも素敵ですね。
ホタルの撮影難しそうですね~。
信徳
2013年07月07日 08:23
pekoさん
お早うございます!
ホタルの撮影・・・簡単だと思ったらとんでもなく難しい、花火よりも難しい!来年から本気で挑戦です。
2013年07月07日 15:19
なぜ「撃沈記」なのでしょうか。
信徳さんとしては、完成品ではなかったと言うことでしょうか?
ハイレベルな写真を目標としていらっしゃるのでしょうね。
ホタルの写真が上手に撮れるようにと、お賽銭を上げたところが面白いです。
信徳
2013年07月07日 20:35
りりいさん
今晩は!
ハイ!簡単だと思っていたホタルの撮影ですが色々な問題が含まれていました。それらを抜きにはホタルの写真を撮れないことが分かりました。分かっただけでも成果が有りました。もう今年のホタルは終わったので来年に備えてやることを始めています。
寅太
2013年07月08日 22:36
写真のプロ級を自称する信徳さんが、撃沈とはうれしいですね。
それにしても蛍撮影は難しそうですね。
美味しい水を用意すれば、蛍は寄ってくるんでしょうね。
信徳
2013年07月10日 15:01
寅太さん
こんにちは!
♪ホッホッホタル恋!あっちの水は辛いよ。こっちの水は甘いよ・・・飛んでいるホタルはオスなんだそうです。メスは草叢の中に隠れていました。水よりも恋をしているのでしょう。ホタル撮影はホタルの光勉強よりも難しいです。
2013年07月14日 15:33
明るい時間帯にロケハンしたんですね。
自分は暗くなってから行くので何処に
どんな花が咲いているかわかりませんでした。
レンズの開放F値の明るいレンズ、暗いレンズに
よっても露光時間が替わるので何通りかの方法を
アドバイス出来ればよかったと後になって気づきました。
ラストの写真はよい感じで撮れています。
もうちょっと構図を広く撮るともっと良くなると思います。
そして、同じ構図の写真を何枚かコンポジェットすれば
出来上がりですね。
カメラマンが一人のいなかったとは珍しいですね。

この記事へのトラックバック