常在戦場

 2代忠成は大阪の陣で軍功を上げ越後長峰城5万石、長岡城6万石に移封される。
大胡から多くの家臣、商人、職人など~3,000人の大行列が移動し長岡の言語や生活習慣にまで影響を与えたと言われる。
大胡城演武絵巻はナレーターの朗読によって始められた。
1.JPG
火縄銃が炸裂!
3.JPG
4.JPG
居合斬り
5.JPG
伊賀忍者の演武
6.JPG
7.JPG
8.JPG
手裏剣
9.JPG
「百俵の米も、食えばたちまちなくなるが、教育にあてれば明日の一万、百万俵となる」
米百俵で有名な小林虎三郎
DSCF6134.JPG
大胡城址から見る大胡町北部    
11.JPG
     夏草や兵どもが夢の跡
12.JPG
 戦国時代牧野家は今川、武田、織田らの大勢力に囲まれており「常在戦場」を家訓としていた。
今でも「常に戦場に在るの心を持って生きることに処す」の言葉が生きている(7月27日撮影) 終わり

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年08月02日 04:14
 まわりを強国に囲まれていると、常に油断のできない状況下に置かれていたのですね。タイヘンでしたねえ。

 忍びのものの演武まであるのですか。日頃から鍛錬していないと出来ませんねえ。
2019年08月02日 06:25
大胡城址はフラワーパークへ行く途中にあるのでいつも前を通るのですが1度しか訪れたことがありません。大胡城は南北640m、東西310mの紡錘型をした並郭式の平丘城です。大胡城は「戦わざる城」として有名です。戦国時代の60年間に抱え主を変えること十回以上、扇ヶ谷上杉、山内上杉、北条、上杉謙信、由良、上杉、長野、上杉、北条、武田、織田、北条と抱え主を変えました。北条の滅亡後、家康が関東に入り牧野右馬允康成が二万石で封じられました。しかし越後長峰に転封され廃城になりました。
寅太
2019年08月02日 06:42
「常在戦場」は三河からの教えですが、牧野家は大胡で現地採用の武士がたくさんいます。
良く知られているのが「米百俵」の小林虎三郎です。
佐久間象山の門下では吉田松陰とともによく知られています。
きょうは長岡の花火を見ましょう。
2019年08月02日 06:53
火縄銃見事にさく裂しましたね!
地域おこしの一環なんでしょうか面白いイベントですね。

ところで、信徳さん。梅郷にお見えになったとき、
一度だけお会いしたことがあるの忘れちゃいました?
私もお顔はもう覚えてないんですが(笑)
pass子
2019年08月02日 07:49
臨場感溢れる屋外劇場~
緊張と俊敏な動きの演技者は暑いでしょうに、見ているものは「スカッ」としますね。
信徳
2019年08月02日 08:15
なおさん
弱肉強食、植物の世界も・・・
狭い私の庭は根の張るスズラン、西洋ジュウニヒトエ、、ラショウモンカズラなどホッタラカシにすると他の領域まで直ぐに入って行きますので常に注意し整理しています。
伊賀忍者、女性が扮していたのには驚きました。動きも良いし鍛えているのでしょうね。
信徳
2019年08月02日 08:21
riverさん
上州は昔も今も越後、信州方面に行く要になっています。
本州の真ん中にも有り住み易い土地柄、温泉有り水良し空気よし
自然にも恵まれているのに余り人気がないのが不思議でなりません。
知事も変わって「群馬を発信して行く」と意気込みを語っています。
信徳
2019年08月02日 08:40
寅太さん
そうそう小林虎三郎を忘れていました。
画像も抜けていますね。(あとでこっそり追加しておきます)
小林虎三郎のルーツは伊勢崎(赤堀)なんですよ。
赤堀はハスの花、小菊の里、ハナ菖蒲などで有名です。
今夜の花火は勿論みましょう。
信徳
2019年08月02日 08:46
イッシーさん
梅郷でお会いし今でも顔は覚えていますよ。
一度お会いしたいなんて書いたのは吉本興業の癖がついているからです。
まあ来年になったら忘れているかも知れませんが・・・始まっていますので。
来年にならない内に何処かでお会いしましょう(笑)。
恩師ですもの
信徳
2019年08月02日 08:49
pass子さん
大胡城址を舞台に繰り広げた戦国絵巻
臨場感溢れて迫力がありました。
火縄銃の煙り(良く見ると煙の中に火柱が)これは写真撮るのは難しいんですよ。ホタルよりも花火よりも難しいでした。
もっともバッグよりは簡単でしょう(笑)。
2019年08月02日 11:42
「百俵の米も、食えばたちまちなくなるが、教育にあてれば明日の一万、百万俵となる」、良い言葉ですね。どこぞの総理大臣に聞かせたい。
信徳
2019年08月02日 11:55
長さん
森友、加計問題をうやむやにし今また吉本劇場にも登場して血税を
差した?出そうとしています。(週刊文春の読み過ぎかな)
虎三郎の爪の垢を煎じて飲ませて上げたいものです。

2019年08月02日 19:59
暑い中お疲れ様でした。 ナイス!
2019年08月02日 21:28
大胡の方には縁がないので全然知らないことばかりでした。
歴史に基づいた勇壮なお祭りがあったのですね。
戦国時代、小国でも生き残った素晴らしい人物ですね。
信徳
2019年08月02日 21:53
もこさん
今晩は!
暑くて!暑くて!
最近はプールでも熱中症になるんですって・・・
室内プールは大丈夫ですよね。
お気をつけてお過ごし下さい。
信徳
2019年08月02日 21:55
かるきちさん
今晩は!
大胡のみならず安中方面も古墳とか遺跡が良く見られるので古くから開けていたのでしょう。
大胡は赤城山信仰、安中は妙義山信仰なんでしょうね。
2019年08月02日 23:18
こんばんは!
迫力のある歴史絵巻ですね。火縄銃がさく裂し、居合切り、伊賀忍者の演武と見応えがありますね。
「百俵の米も、食えばたちまちなくなるが、教育にあてれば明日の一万、百万俵となる」良い言葉ですね。どこかの政治家に聞いてほしい言葉です。
信徳
2019年08月02日 23:57
ekoさん
今晩は!
戦国絵巻、やっている方は大変でしょうが見ている方はスカッとして
気持ちが良いものですね。
「米百俵」の言葉、どこかの国の政治家に聞かせて上げたいですよね。
税金の無駄使いばかりして。
2019年08月03日 17:35
ψ(`∇´)ψナイス!(^^)!
「気持玉」代わりの足跡です。