テーマ:庭に咲く花

バラが咲く

 植木鉢の数を半分位に減らし一部露地植えにしました。 あかぎの輝き、リオサンバ、この二品種は黄色からオレンジ、赤と変わってゆくばらです。そのた一重のカレン カレンはピンクだけ。 垣根沿いに露地植えしたバラ。 黄色いバラはご近所から貰った枝を挿し木。(5月8日撮影)
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

スズムシソウ、クモキリソウ、トンボソウ、クマガイソウ 咲く

 ラン科の植物には昆虫などに似た花を咲かせるものが多い。 スズムシソウ(ラン科クモキリソウ属)今年入手し初めての育成、スズムシが羽根を広げている様です。育成が難しいと聞いていますがクモキリソウと同じ属でクモキリソウが上手く行っているので挑戦します。 クモキリソウ(ラン科クモキリソウ属)緑色のクモが茎にへばり付いています。…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

アジサイ、カーネーション、シャクヤク、ルピナス他咲く

 母の日のプレゼント貰ったアジサイとカーネーションは早速植え替えた。好みの物を貰った時は機嫌が良い!昨年は青いアジサイ、今年はそのアジサイも蕾を付けて開花を待っている。 昨年株分けで三輪しか咲かなかった真っ赤なシャクヤク、今年は復活し5輪咲いた。 横に咲くルピナス、花が下から順に咲き花期が長い。 …
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

アイリス、イチハツ、ミヤマホタルカズラ 咲く

アイリスが咲きました。 アヤメ科アヤメ属で乾燥地が好み。青、紫、白、オレンジ、黄色など多彩。 イチハツ(アヤメ科アヤメ属)が場所を動かしたので今年は一輪だけ、網目模様が美しい。 ニリンソウが咲き出した頃から咲いているミヤマホタルカズラ。 アイリスとのコラボ。(5月4日撮影) ニリンソ…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

キバナホウチャクソウ、キケマン、アマドコロ他咲く 

 この時期は山野草が沢山咲きます。(他の草花も咲きますが・・・) キバナホウチャクソウに先日生まれたカマキリがいました。一丁前に立派なカマを持っています。 ホウチャクソウ キケマンは黄色が強い 斑入りのアマドコロ その下に小さなヒメイズイ、ヒメタンチョウソウ ヒメタンチョウソウとタ…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

サクラソウ咲く 

 今年もまたサクラソウ(サクラソウ科サクラソウ属)が咲きました。最初の開花が3月26日、「赤城」の開花です。 「赤城」が一番多く開花します。 次に多いのが「墨染源氏」 「金田の夕」など白系は少なくなりました。 太陽の加減で青紫に見えるのもあります。 サクラソウは露地植えで一ヵ月の長い花期の間クリ…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

オダマキ咲く

 オダマキ(キンポウゲ科オダマキ属)も種々有りますが青色のミヤマオダマキが好きです。 改良品種の白いミヤマオダマキもあります。 以前オダマキと言うと西洋オダマキを沢山植えていました。(下記をクリック)2013年5月15日ブログ https://51608230.at.webry.info/201305/ar…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

元気な、ラナンキュラス・ラックス

ラナンキュラス・ラックスは3月29日に一度紹介していますがまだまだ元気に咲いています。切り花にして飾る事数回、切っても次から出て来ます。バックにサクラソウ、露地植えのラナンキュラスです。 一株以外は全部鉢植え、花が終わったら球根は休眠に入りますので家の西側に置き水は与えません。 バラやアジサイが咲く頃…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

ボタン、バラ、他咲く

 例年はゴールデンウイークに咲くボタンやバラが早くも咲きました。今年は早くてビックリです。 サクラソウも真っ盛り。 パンジー、ビオラ、ピンクパンサー、プリムラ・マラコイデスもまだまだ健気に咲いています。 開花が早過ぎてブログアップ出来なかった、アミガサユリ、ジンチョウゲ、ボケは既に終わっています。 …
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

イカリソウ咲く

 船のイカリのような形をしているのでイカリソウと名付けられました。メギ科イカリソウ属、最近は園芸品種が沢山出て来てイカリの形をしていないものまであります。 六種類のイカリソウを露地植えしています。強い黄色、オレンジ系のものを伸ばさないように根を切って行くだけ、世話の要らない山野草です。 薄紫色「羽衣」 赤紫色「楊貴妃」…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

タツタソウ、タンチョウソウ、ヒマラヤユキノシタ、ショウジョウバカマ咲く

 タツタソウ、メギ科タツタソウ属の多年草。現在鉢植えだがイカリソウと似た性質、種も零れて発芽するので5月末頃に露地植えする予定。(3月24日撮影) タンチョウソウ、ユキノシタ科タンチョウソウ属の多年草。川岸の岩上や川沿いの岩壁に育つ。イワタバコに性質が似ている。石付き、露地植えに最適。(3月26日撮影) ヒマ…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

ヤマシャクヤク咲く

 ヤマシャクヤクはボタン科ボタン属。3月9日茎が伸びて来て3月28日には蕾が見られました。 4月3日には蕾5個の内一個が開花。 花期が一週間程度しか持たず、まさに「美人薄命」と言ったところです。4月10日頃には散ってしまうでしょう。秋には実が付き、結実した黒い実と結実しない赤い実が鞘の中から顔を出します。 …
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

ニリンソウ、キバナカタクリ咲く

 ニリンソウが咲きました。キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草、スプリング・エフェメラルの代表選手です。 一本の茎から特徴的に二輪花茎が伸びます。稀に一輪、三輪があるらしい。根茎で増えるので群落を作ります。 隣でキバナカタクリが咲きました。ユリ科カタクリ属のこの花はアメリカ、カナダ原産地でアメリカカタクリとも呼ばれてい…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

シラネアオイ(白根葵)咲く

キンポウゲ科シラネアオイ属、一属一種の日本固有種 北海道~本州中北部の日本海側にかけて分布。多雪地で低山帯~亜高山帯の樹林の日陰地に生える多年草。 高さは花のある時が約20cmで、花後には約60㎝になる。地下に太い根茎がある。カエデのように切れ込んで葉柄のある葉が2枚、丸くて葉柄のない葉が1枚ある。花は茎の先に1個つき、直径4~8㎝、…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

キクザキイチゲ咲く

 カタクリと同様にスプリング・エフェメラルの代表選手、キクザキイチゲが咲きました。キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草。 花弁は無くガク片が花弁状になっている。花色は紫、白で群馬で見る花は白色、魚沼で見るものは紫が多い。 鉢植えのもの タツタソウとのコラボ。 露地植えのもの(芽出し3月10日、開花撮影3月26日…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

クリスマスローズ咲く

早くから開花して来たクリスマスローズ。色々な花姿、色が有って花の無い時期に貴重な花の一つです。クリスマスローズはキンポウゲ科クリスマスローズ属の草花。一重、八重、色も白、黄色、ピンク、ムラサキなどが有って何処か違って同じ花は見られません。 白でも一重、八重、白い所にブロッチの入るものなど様々です。 ピンクの一重、…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

ラナンキュラス・ラックス咲く

 キンポウゲ科キンポウゲ属のラナンキュラス。八重のラナンキュラスは一般的ですが最近一重、半八重のラナンキュラスに人気が有ります。 色々な品種があり名前が覚えられません。 サテロス:一重で中央が橙色、周囲が黄色です。 太陽に当たるとワックスの様に光ります。「ラナンキュラス+ワックス=ラックス」と名付けられました。 ハリオス…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

まだ咲くパンジー、ビオラ

 何と花期が長いのでしょうか、まだまだ健気に咲いています。 鉢植えでも良し露地植えでも良し、他との花との組み合わせも素敵です。(3月12撮影)
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

プリムラ・マラコイデス咲く

 ピンクパンサー、ウンナンサクラソウと一緒に庭を賑やかにしているプリムラ・マラコイデス。オレンジ色のキルタンサスが一株あります。 赤、ピンク、白色。 ガーデンシクラメンも花期が長いですね。 他の草花とも良く似合うプリムラ・マラコイデス。(3月12日撮影) 零れ種がサクラソウの中で開花、サクラソ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バイカオウレン、ヒメリュウキンカ 他咲く

 昨年の夏を無事に越し今年の開花を期待したバイカオウレン。残念ながら一輪のみ!一輪だから余計に輝いています。 ヒメリュウキンカも一輪(2月22日撮影) スノードロップ。 クリスマスローズが開花です、シロバナ、ムラサキの花、ピンク、黄色、八重などは漸く芽が上がって来たところ。 シクラメンの原種、コウムも早い時期…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

キバナセツブンソウ咲く

 セツブンソウが咲いた後に遅れてキバナセツブンソウが咲きました。キンポウゲ科セツブンソウ属、南ヨーロッパ原産の花です。昨年種を蒔いたのですがまだ芽が出て来ません。 フクジュソウ、最初に咲いたのは背も高くなっています。キンポウゲ科フクジュソウ属の花です。 遅れて咲いたフクジュソウ、丁度見頃です。 遅れて咲いたセツ…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

ウンナンサクラソウ咲く

 ピンクのウンナンサクラソウが咲きました。サクラソウ科サクラソウ属のこの花は寒さに強く群馬県向きです。 2月~4月まで花の無い時期に咲いてくれますのでピンクパンサーと共に有り難い花です。 夏に弱く花が終わったころミカン、カキの木の下に置き種を習熟させ秋に採り蒔きし春に開花させています。(3月2日撮影) …
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

プリムラ・マラコイデス、雛人形

 早いもので今日から3月。 プリムラ・マラコイデスがまだまだ賑やかに飾ってくれる。 サクラソウ科プリムラ属のこの花は暑さには弱いが寒さには強い。 3月3日は桃の節句、コロナの為に一年も会えない孫に雛人形を飾る。早いものだ、4月から中学生。 紅白のウメとサンシュユを活けた。 紅白のウメ…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

セツブンソウ咲く

 節分より遅れて待ちに待ったセツブンソウが咲きました。スプリング・エフェメラル(春の妖精)と呼ばれてキンポウゲ科セツブンソウ属の可愛い花です。 横から撮ったり後ろから撮ったり・・・(2月12日撮影) キバナセツブンソウも芽を出してきました。(2月17日撮影) 昨年蒔いた一ッ葉も。暖かい春になると良い…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

春の息吹 (2)

 12月から咲いているガーデンシクラメン、まだまだ咲き続けるでしょう。 パンジー、ビオラも丈夫で長持ちします。 カラフルで良いです。 実生のウンナンサクラソウも順調に育っています。 ゼラニュームも風除けフレームの中で蕾を持ってきました。 宿根のラナンキュラス(ラックスシリーズ)鉢、露…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

春の息吹

 節分が近くなって来ると草花の息吹が感じられます。プリムラ・シネンシス アリッサムも寒さに強いです。 プリムラ・シネンシスとアリッサムの寄せ植え。 シレネ・カロリニアナ(別名:ピンクパンサー)も花が咲き出しました。日毎に花の数が増えて行きます。昨秋に種を蒔き苗を露地植えにしたもの鉢植えにしたもの色々植え…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

多年草の冬越し

 冬となり殆どの多年草は冬眠に入っています。 葉の見えているのはイカリソウ。セツブンソウ、キバナノセツブンソウ、タッタソウ、キクザキイチゲなどは鉢の中。 シラネアオイ、クマガイソウ、ヤマシャクヤク、レンゲショウマはミカンの下で夏は半日陰 クリスマスローズ、カノコユリ、アスチルべ。 葉の見えるシクラメンの原種、コウム。…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

庭に咲く花 (ダイヤモンドリリー、バラ)

 未だ咲いているダイヤモンドリリー。 明るく撮ったり暗く撮ったりして見ました。 最後に咲いた白いダイヤモンドリリー、露地植えの細い花弁のダイヤモンドリリーです。 バラはあかぎの輝き、リオサンバです。 両方とも黄色で咲き、ピンク、赤に変わって行きます。(12月9日撮影)
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

夏の思い出 (レンゲショウマにサギが舞う)

 予てからレンゲショウマとサギソウのコラボを撮りたいとタイミングを狙っていた。 幸いレンゲショウマとサギソウの開花時期が有ったので合体して撮る事が出来た。 ・・・と言っても上手く撮れない。難しい!(8月15日撮影) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more