テーマ:庭に咲く花

庭に咲く花 (アガパンサス、チドリソウ 他)

アガパンサスが漸く色づいて来ました。少し咲いているユリ、チドリソウ、タマアジサイは段々大きくなって来ました。 ナンテンもミカンの木の下で開花です。 ブルーサルビア、ジニア、サフィニアは花期が長いです。 ジキタリス、ツクシカラマツ、ムラサキツユクサも バラはもうじき終わり、剪定さ…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

アジサイの雨

 梅雨入り後、雨の少ない日が続きましたがタイミング見て庭の濡れたアジサイを撮って見ました。 アジサイには雨が似合います。 靑、赤のアジサイ、タマアジサイ、ガクアジサイなどです。今年は赤色が良く出た様に思います。今はタマアジサイ、赤を除いて殆ど剪定が終わり来年に備えています。(6月17日撮影)
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

庭に咲く花 (キキョウ、オオハンゲ、ストレプトカーパス 他)

 キキョウが咲きました、露地植えで蕾を沢山持ちました。 トラノオ、ネジバナ、オオハンゲも開花です。トラノオの小さな花はマクロで撮ると綺麗です。 ネジバナは鉢植え、隣に子供が生まれました。 ラン科ですからマクロで撮ると綺麗です。 子供は親の様に捻じれていません。素直に真っ直ぐです。 オオハンゲはホ…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

ブルースター、ベゴニア 咲く

 ブルースター(ガガイモ科ツィーディア属)が上に伸びてきました。行燈仕立てにし蔓を上に伸ばして先端に花を咲かせます。 下が空くのでミヤマホタルカズラを挿し芽し春に開花させます。またブルースターも伸び過ぎたら先端をカットしそれを挿し芽して新しい苗にします。中間にも花を咲かせたいものです。 ベゴニアは冬越ししたもの、挿し芽で…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

アジサイ咲く

 一度アジサイの開花初めにブログアップした(6月2日)、その後ズット楽しませてくれたアジサイもそろそろ終焉に近く剪定も間近となった。今年のアジサイを振り返って・・・ 昨年の贈り物「サニーディーズ」青の額咲き。 これを昨年挿し木して今年咲いた花、土が若干アルカリだったのでしょうか赤みがかって出た。来年はこの土に石灰を多量に…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

ケイワタバコ(ピンク、白)咲く

 紫色のケイワタバコに次いでピンク、白色が咲きました。いずれも茎にハッキリと毛があるケイワタバコです。この時期に咲くのは花茎に毛のあるケイワタバコ、8月頃渓谷に咲くのは毛のないイワタバコ。(なおさん)に教えて頂きました。 ピンクの花  白色の花 終盤の紫色のケイワタバコ。 三つを並べて見ました。ど…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

ハタザオキキョウ、ヤマオダマキ、ヒメカンゾウ 咲く

 ハタザオキキョウ(キキョウ科ホタルブクロ属)が咲きました。ヨーロッパ原産の宿根草、キキョウと名がつくがキキョウの仲間では有りません。ハタザオとは長く伸びる花茎を指し沢山の花が咲いてくれます。(6月2日撮影) ヤマオダマキが咲きました。 キンポウゲ科オダマキ属のこの花はミヤマオダマキと共に日本原産。通常は花弁が黄色で萼片…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

カキラン 咲く

 カキラン(ラン科カキラン属)が咲きました。茎の先に総状に柿の実に似た色の花が咲きます。 この花は2015年6月に蕾のついた一鉢を園芸店から入手、その年に露地植えとしました。その後二年間開花せず三年目の2018年6月に初めて一本茎が立ち開花しました。 翌年2019年6月にも茎は一本しか立ち上がりませんでした。 根がシッ…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

ホタルブクロ、キョウガノコ 他咲く

 白花のホタルブクロが咲き2~3日遅れて紫のホタルブクロが咲きました。この花が咲くとホタルがもうじき飛び交うのでしょう。 日々の過ぎ去るのが早いですね。 キョウガノコは昨年植えたものが一回り大きくなって咲きました。露地植えなので大きくなるのを期待しています。 雨が2,3日続いて出てきたレインリリー、まだ少し早いので…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

ツクシカラマツソウ 咲く

 可憐なツクシカラマツソウ(キンポウゲ科カラマツソウ属)が咲きました。育成初めて6年目、昨年5年目にして植え替えました。今年は少し花が少なめですがとても元気!隣のクモキリソウに負けません。 ツクシ(筑紫)と名前が付いていますが、九州筑紫地方には自生がなく、対馬列島から済州島に分布するムラサキカラマツと、屋久島に自生するヤク…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

アジサイ 咲く

 6月は梅雨季節、喜ぶのはアジサイ、ハナショウブ等々。庭のアジサイが咲き出しました。アジサイは殆どが母の日のプレゼントまたは挿し木で増やした鉢植えです。 赤のアジサイ 青い花 ややピンクがかったヤマアジサイ。 カシワバアジサイなど 花期も長くうっとおしい梅雨空に気分を癒してくれま…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

イワタバコ 咲く

 紫色のイワタバコが咲きました。 イワタバコ科イワタバコ属で岩にへばり付いて葉っぱがタバコの葉に似ている事からつけられた名前だそうです。高雄山、榛名神社、不動滝の三ヵ所を見たことが有ります。自生地では紫色。 夏の暑さ、冬の寒さにも強く湿った所が好きな山野草です。 ピンク、白は蕾の状態です…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

タツナミソウ、チョウジソウ、ツボサンゴ、クサタチバナ 咲く

 ムラサキ、白のタツナミソウが咲きました。マクロ画像が楽しいで山野草です。 種が毀れて一面に拡大して行くので鉢の中に閉じ込めています。 チョウジソウは露地植え ツボサンゴも露地植え クサタチバナも露地植えです。クサタチバナは赤城山、覚満淵に見られます。(5月12日撮影)
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

オオイワチドリ 咲く

 オオイワチドリ(ラン科ヒナラン属)が咲きました。石付きで楽しんでいます。強い草花で冬も戸外に放っておきます。 狭い石の中に閉じ込められていますが一年に一茎増えています。(5月13日撮影)
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

サフィニア、アスチルべ、ピュアベール、ブルースター 咲く

 サフィニアは毎年秋口に挿し芽をしておきそれを春に鉢に植え替えて大きくします。赤とピンクです。 白いアスチルべ、これは宿根、毎年出て来る手間要らず。 ピュアベール(グラジオラス原種)も宿根、強いので他の草花の中から出てきます。 ブルースターが一輪咲きました。これから開花が始まります。上に伸びるの…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

ベニバナヤマシャクヤク 咲く

 ベニバナヤマシャクヤクです。一般のシャクヤクと比べて花は小さく可憐な山野草です。(5月13日撮影) 種を植えてから開花までが長く秋口に種を蒔いて二年目の春に芽を出し(白花は一年目)芽が出てから開花まで更に~4年は掛かるので種蒔きから開花まで6年掛かります。 咲いている期間も短く~6日だけ、こんなベニバナヤマシャ…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

ムラサキツユクサ 咲く

 梅雨前線の影響で小雨の天気です。このところ雨が降らない日が続いたので草花にとっては恵みの雨です。特にムラサキツユクサなどは大喜び。 白い色もあります。 白い花弁は雨に濡れると透明になって行きます。この現象はサンカヨウに良く見られる現象です。 近くに咲くトリトニア アルストロメリア、トリトニア、ジキタリス…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

ヒメサユリ 咲く

大事に育てて来たのに開花直前に蕾を害虫に食いちぎられてしまった。残念! ショックを受けた翌日、蕾を三つも付けたヒメサユリ(ユリ科ユリ属)がやってきた。 開花も無事に。 アスチルべと仲良く。 鉢植えなので自由に移動可能、緑の葉っぱと。(5月15日撮影)
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

バラが咲く

 植木鉢の数を半分位に減らし一部露地植えにしました。 あかぎの輝き、リオサンバ、この二品種は黄色からオレンジ、赤と変わってゆくばらです。そのた一重のカレン カレンはピンクだけ。 垣根沿いに露地植えしたバラ。 黄色いバラはご近所から貰った枝を挿し木。(5月8日撮影)
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

スズムシソウ、クモキリソウ、トンボソウ、クマガイソウ 咲く

 ラン科の植物には昆虫などに似た花を咲かせるものが多い。 スズムシソウ(ラン科クモキリソウ属)今年入手し初めての育成、スズムシが羽根を広げている様です。育成が難しいと聞いていますがクモキリソウと同じ属でクモキリソウが上手く行っているので挑戦します。 クモキリソウ(ラン科クモキリソウ属)緑色のクモが茎にへばり付いています。…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

アジサイ、カーネーション、シャクヤク、ルピナス他咲く

 母の日のプレゼント貰ったアジサイとカーネーションは早速植え替えた。好みの物を貰った時は機嫌が良い!昨年は青いアジサイ、今年はそのアジサイも蕾を付けて開花を待っている。 昨年株分けで三輪しか咲かなかった真っ赤なシャクヤク、今年は復活し5輪咲いた。 横に咲くルピナス、花が下から順に咲き花期が長い。 …
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

アイリス、イチハツ、ミヤマホタルカズラ 咲く

アイリスが咲きました。 アヤメ科アヤメ属で乾燥地が好み。青、紫、白、オレンジ、黄色など多彩。 イチハツ(アヤメ科アヤメ属)が場所を動かしたので今年は一輪だけ、網目模様が美しい。 ニリンソウが咲き出した頃から咲いているミヤマホタルカズラ。 アイリスとのコラボ。(5月4日撮影) ニリンソ…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

キバナホウチャクソウ、キケマン、アマドコロ他咲く 

 この時期は山野草が沢山咲きます。(他の草花も咲きますが・・・) キバナホウチャクソウに先日生まれたカマキリがいました。一丁前に立派なカマを持っています。 ホウチャクソウ キケマンは黄色が強い 斑入りのアマドコロ その下に小さなヒメイズイ、ヒメタンチョウソウ ヒメタンチョウソウとタ…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

サクラソウ咲く 

 今年もまたサクラソウ(サクラソウ科サクラソウ属)が咲きました。最初の開花が3月26日、「赤城」の開花です。 「赤城」が一番多く開花します。 次に多いのが「墨染源氏」 「金田の夕」など白系は少なくなりました。 太陽の加減で青紫に見えるのもあります。 サクラソウは露地植えで一ヵ月の長い花期の間クリ…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

オダマキ咲く

 オダマキ(キンポウゲ科オダマキ属)も種々有りますが青色のミヤマオダマキが好きです。 改良品種の白いミヤマオダマキもあります。 以前オダマキと言うと西洋オダマキを沢山植えていました。(下記をクリック)2013年5月15日ブログ https://51608230.at.webry.info/201305/ar…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

元気な、ラナンキュラス・ラックス

ラナンキュラス・ラックスは3月29日に一度紹介していますがまだまだ元気に咲いています。切り花にして飾る事数回、切っても次から出て来ます。バックにサクラソウ、露地植えのラナンキュラスです。 一株以外は全部鉢植え、花が終わったら球根は休眠に入りますので家の西側に置き水は与えません。 バラやアジサイが咲く頃…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

ボタン、バラ、他咲く

 例年はゴールデンウイークに咲くボタンやバラが早くも咲きました。今年は早くてビックリです。 サクラソウも真っ盛り。 パンジー、ビオラ、ピンクパンサー、プリムラ・マラコイデスもまだまだ健気に咲いています。 開花が早過ぎてブログアップ出来なかった、アミガサユリ、ジンチョウゲ、ボケは既に終わっています。 …
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

イカリソウ咲く

 船のイカリのような形をしているのでイカリソウと名付けられました。メギ科イカリソウ属、最近は園芸品種が沢山出て来てイカリの形をしていないものまであります。 六種類のイカリソウを露地植えしています。強い黄色、オレンジ系のものを伸ばさないように根を切って行くだけ、世話の要らない山野草です。 薄紫色「羽衣」 赤紫色「楊貴妃」…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

タツタソウ、タンチョウソウ、ヒマラヤユキノシタ、ショウジョウバカマ咲く

 タツタソウ、メギ科タツタソウ属の多年草。現在鉢植えだがイカリソウと似た性質、種も零れて発芽するので5月末頃に露地植えする予定。(3月24日撮影) タンチョウソウ、ユキノシタ科タンチョウソウ属の多年草。川岸の岩上や川沿いの岩壁に育つ。イワタバコに性質が似ている。石付き、露地植えに最適。(3月26日撮影) ヒマ…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

ヤマシャクヤク咲く

 ヤマシャクヤクはボタン科ボタン属。3月9日茎が伸びて来て3月28日には蕾が見られました。 4月3日には蕾5個の内一個が開花。 花期が一週間程度しか持たず、まさに「美人薄命」と言ったところです。4月10日頃には散ってしまうでしょう。秋には実が付き、結実した黒い実と結実しない赤い実が鞘の中から顔を出します。 …
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more